勝手に僻地散歩



鬼怒川温泉 元湯星のやにいってみた

f0008679_12224318.jpg

鬼怒川では珍しいという掛け流しの宿「元湯星のや」に投宿する。

よく聞く「源泉掛け流し」という言葉であるが、調べてみるとこういうことであるらしい。
掛け流しとは、「源泉から自然に湧出または機械的に汲み上げた温泉を浴槽に供給し、浴槽から溢れ出た湯を循環させず排出すること」で、源泉掛け流しとは、「加水、加温ともに行わない掛け流しのこと」であるらしい。「源泉掛け流し」という言葉がことのほか、もてはやされるのは、全国の温泉宿の約7割が、一度使った温泉を塩素殺菌して、何日間か再利用するいわゆる「循環式」であるからである。何年か前に発生した「循環式」の温泉でレジオネラ菌に感染して、何人かが亡くなった事件以降、安全面という観点から注目されるようになった。もちろん、より本格志向の温泉客に受けがいいということもあるだろう。星のやの温泉の源泉は50.2℃で、温度調整のため加水がなされているというので、この分類に従えば、「掛け流し」の温泉である。

星のやは、創業が大正14年である。その2年前には上流に竹の沢発電所が建設されている。その影響で鬼怒川の水量が減ったことによって、かつては川底であったいくつかの源泉が人目に触れるようになったのである。その結果、「かつて何もなかった」という鬼怒川東岸が藤原温泉と呼ばれるくらい、多くの温泉宿が誕生した。星のやは、藤原温泉でも最古参に属する温泉宿である。

川釣り好きだったという星のや初代館主星献吾氏が源泉を発見したのは、発電所建設のさらに5年前の大正7年のことである。おそらく川釣りのために川辺を歩いていた星氏は、平らな岩の隙間から湧出する温泉を発見、県に申請したのがそもそものきっかけであったと言う。当初は、温泉を汲み上げる技術もなかったため、湧出していた場所を中心に、1.5メートル四方のグリッドを1メートルほど掘削して、その周りをコンクリートで囲って入浴していたという。その後石造の蔵を建てるなどしたが、7年後の大正14年、初めて旅籠として地上2階、地下1階、15室を誂えた木造建築を建てた。現在はご覧の通り、部屋数は25、80名を収容できる地上6階、地下1階の鉄筋コンクリート作りの建物に改装されている。鬼怒川では中規模の温泉宿である。



f0008679_12231734.jpg

f0008679_12235584.jpg


地上3階にある正面玄関を入ると愛想のよさそうな主人が出迎えてくれた。正面にはソファーが並ぶ休憩スペース、左手には昔ながらの土産物コーナーがある。右手にはカウンターがあり、そこで宿泊の手続きをする。すぐにロビーに程近い部屋に案内された。部屋は簡素な和室。テレビや電話、洗面台、トイレなどの設備が一通り揃っている。男女の内風呂は1階にある。残念なことに混浴の露天風呂は修繕中で、入ることはできなかった。

f0008679_12234554.jpg

f0008679_1351670.jpg


男性用内風呂は、L字型の浴槽で右奥の湯口からは滔滔と無色透明の単純アルカリ泉が流れ出ている。鬼怒川温泉に湧出する21本の源泉の一つである宝の湯から引いていると言う。湯温もちょうど良い。湯船はさほど大きくないが、そのわけは内風呂の入り口に掲げられている「元湯温泉の由来」の末尾に説明されている。つまり「温泉湯量に合わせて収容力を増やさず、薬効力を弱める事なき様日夜努力いたして居ります。」とのことである。なるほど風呂をあがって30分近くたっても汗が止まらない。温泉の効能にはあまり詳しくないが、効いているような気がする。

f0008679_1224730.jpg

f0008679_1225080.jpg



大正から昭和にかけて活躍したアナキスト作家、ロシア文学者である大泉黒石は「峡谷を探ぐる」(昭和4年)の中で鬼怒川温泉について、このような言葉を残している。
「世界的の公園日光を前に扼し、塩原温泉を後に控えて、しかもこれほど壮美な山姿水容をもっているからには、必ずや近い将来には民衆的の大温泉郷となるに違いないと思う」
大泉の見通しは正しく、明治初期にほとんど知る人のいなかった鬼怒川温泉は一躍、日本有数の温泉郷となった。バブル崩壊のつけを払い続けている現在は、確かに冬の時代である。しかし「これほど壮美な山姿水容」と高い泉質かつ豊富な湯量に恵まれている限り、鬼怒川の再興は難しいことではなかろう。
[PR]
by iyasaca | 2007-07-21 21:47 | 栃木
<< 奥鬼怒温泉郷 八丁の湯にいってみた 鬼怒川温泉にいってみた >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル