勝手に僻地散歩



強首温泉 樅峰苑にいってみた その1

f0008679_229243.jpg
秋田県のほぼ中央部、大仙市強首(こわくび)にある樅峰苑(しょうほうえん)に来ている。

強首(こわくび)とは、何だか分からないが尋常でない地名である。いろいろ調べてみると日本書紀巻11仁徳天皇紀に出てくる言葉であることが分かった。少し長いが引用する。

冬十月、掘宮北之郊原、引南水以入西海、因以號其水曰堀江。又將防北河之澇、以築茨田堤、是時、有兩處之築而乃壤之難塞、時天皇夢、有神誨之曰「武藏人强頸・河內人茨田連衫子衫子、此云莒呂母能古二人、以祭於河伯、必獲塞。」則覓二人而得之、因以、禱于河神。爰强頸、泣悲之沒水而死、乃其堤成焉。

唯衫子、取全匏兩箇、臨于難塞水、乃取兩箇匏、投於水中、請之曰「河神、崇之以吾爲幣。是以、今吾來也。必欲得我者、沈是匏而不令泛。則吾知眞神、親入水中。若不得沈匏者、自知偽神。何徒亡吾身。」於是、飄風忽起、引匏沒水、匏轉浪上而不沈、則潝々汎以遠流。是以衫子、雖不死而其堤且成也。是、因衫子之幹、其身非亡耳。故時人、號其兩處曰强頸斷間・衫子斷間也。是歲、新羅人朝貢、則勞於是役。

(かなり)意訳すると、このような感じになる。
冬の10月、宮殿の北の原っぱを掘削し、南からの川の水を引き入れ、西方にある海に注ぐ形とした。以降、この水路(川)を堀江と呼ぶこととなった。またこの北を流れる川が氾濫(澇)するため、茨田堤を築くことにしたが、堤築造が困難を極めた場所が2ヶ所あった。そのときに(仁徳)天皇は夢の中で神から啓示を受けた。「武藏人强頸と河內人茨田連衫子の二人を工事が難航する箇所にそれぞれ生贄に捧げれば、水を漏れる箇所を必ず塞ぐことができるだろう」というお告げであった。強首は、悲嘆に暮れながらも我が身を捧げ、犠牲となったところ、堤の穴の一つを塞ぐことができた、とある。

日本書紀の話はこの後も続き、神に指名されたもう一人の衫子の方は川に瓢箪を投げ入れ、「本当の神ならいま川に流れるこの瓢箪を水に沈めて見せろ、それができないならお前は神ではないし、ニセの神に我が身を捧げるつもりはない」と言い放った。瓢箪は沈むことなくそのまま流れていき、杉子は命を失うことはなかった上に、堤防もそのまま完成し、この2つの難所には、それぞれ强頸斷間・衫子斷間と名付けられたという。

f0008679_16176.jpg
<写真:悠々と流れる雄物川>
この説話が何を意味するのかよく分からないが、強首が治水の難所を示す言葉であることは類推できる。強首温泉郷は北部が「への字」になって蛇行する雄物川のほとりにある(最下段の地図参照)。この辺りが治水の難所であったことが地名の由来なのかもしれない。

地名の由来を巡る話はほかにもある。このあたりで栽培していた稲が強かったことが由来という説もあれば、首相撲の横綱がいたからだとか、辺りの川があまりに急流で渡るのが恐かったことから来ているという説もある。三番目の説は日本書紀の話ともつながる。

さて強首の温泉地としての歴史はさほど古くない。1964年(昭和39)に天然ガスのボーリング調査をしているときにガスでなくお湯が出てきたというのが始まりで、湧出する源泉を使って、現在3軒の温泉宿がある。



by iyasaca | 2015-02-21 00:00 | 秋田
<< 強首温泉 樅峰苑にいってみた その2 ヤンゴン 軍事博物館にいってみ... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル