勝手に僻地散歩



ヤンゴン 軍事博物館にいってみた その4

南機関からネ・ウィンの時代、そしてタン・シュエの時代の功績を伝える写真のパネル展示を抜けると、今度は三軍の兵器の実物展示のコーナーがある。
f0008679_28558.jpg
f0008679_285998.jpg
f0008679_291515.jpg
<写真:陸軍の装備、「大砲は戦いの神」と大書されているが、これはレーダーに見える>
大きなスペースにところ狭しと並べられる実物展示は圧巻である。特にミャンマーは海洋国家ではないため、陸軍の比重が大きいと考えられる。平定しなければならない勢力(主に少数民族)はいずれも内陸に点在している。

f0008679_291962.jpg
f0008679_17435313.jpg

f0008679_292238.jpg
<写真:壮麗なる空軍装備>
中央の写真にあるUB466とある破断した機体は、1961年2月15日に撃墜された機材の残骸。同型機はHawker Aircraft社から18機納入されている。納入時期は1957年12月から1958年5月にかけて。元々は英国空軍が第二次大戦後の1947年に運用を開始したHawker Sea Furyという艦上戦闘機である。主に朝鮮戦争で活躍したが英国空軍では1955年に退役している。ビルマはこの退役機体を買い取ったと思われる。

最下段のUB653とある機体は、DHC-Otterというデ・ハビランド・カナダ社が開発した輸送機である。1958年12月8日に納入。こちらも1958年から1961年にかけて9機を同型機を導入している。日本にもこの型の機材を日東航空という国内定期旅客便を飛ばしていた会社が1958年4月に購入していたが、1963年に大阪から徳島に向かう商用飛行中に濃霧のため墜落(日東航空つばめ号墜落事故)、乗客乗員9名全員が死亡するという事故を起こしている。

f0008679_292658.jpg
f0008679_292935.jpg
<写真:華麗なる海軍装備>
こちらは何だか分からないが、大型船舶のスクリューが恭しく鎮座している。案内板も一部はビルマ語のみであり、聞きたいと思っても周りに誰もいないので致し方ない。

展示されているのは50年近く前の旧式のものばかりである。これ以降に納入したものはまだ現役なのかもしれない。

f0008679_1864570.jpg
f0008679_18125881.jpg

f0008679_18101649.jpg

さらに館内を歩くと、いよいよ軍事とは関係のない、ヤンゴン市内のホテルの模型や飛行場のジオラマなどが展示されているほか、各省庁の報告書や事績(写真は内務省のパネル)についてもパネル展示がされている。興味関心を維持し続けることは著しく困難だが、情報量としては多い。最上階には軍区ごとのコーナーがあり、そこに居住する少数民族の衣装なども展示されていた。その段になると写真を撮る気力もなく、立ち止まることなく見学を終了した。

ところで昨日2月13日はアウンサン将軍の誕生日。生きていればちょうど100歳である。
[PR]
by iyasaca | 2015-02-14 00:00 | ミャンマー連邦
<< 強首温泉 樅峰苑にいってみた その1 ヤンゴン 軍事博物館にいってみ... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル