勝手に僻地散歩



ベルギー王国大使館にいってみた

f0008679_0301971.jpg
かつて下二番町(現在の千代田区二番町)と呼ばれていたこの区画は武家屋敷が立ち並んでいた。江戸時代から町の主は変わったが、現在に至るまで、通りの位置、方向は変わっておらず、往時の雰囲気を味わえる落ち着いた町である。

f0008679_025582.jpgf0008679_027745.jpg
<写真:左が加藤高明伯爵、右がジョサイア・コンドル>
ここにかつてジョサイア・コンドル設計による加藤高明邸があった。加藤高明は元外交官で、東京日日新聞の社長を務めた後、政界に転身、4度にわたって外務大臣の任につき、20世紀初頭の外交の舵取りを行った人物である。その後、1924年6月からは第24代日本国総理大臣まで務めた。しかし1926年1月、帝国議会内で肺炎で倒れ、そのまま亡くなった。66歳であった。激務が寿命を縮めたのだろうか。

f0008679_028512.jpg
f0008679_0424553.jpg

ジョサイア・コンドルは、25歳で日本政府より工部大学校造家学科の教師として招請され、43年に及ぶ日本での滞在中に、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計したほか、辰野金吾、曾禰達蔵、片山東熊、佐立七次郎など、その後の日本の建築界を支える人材を育成した。コンドルは夫人とともに日本で没している。

残念なことに、1911年に建てられたコンドル設計の邸宅(当時の写真はこちら)は、関東大震災は耐えたものの、空襲で焼けてしまった。その後1959年に、元の8,500平方メートルの敷地はそのままに、新たに3階建ての洋館が再築され、2007年までベルギー大使館として使われていた。

f0008679_0545479.jpg

f0008679_042284.jpg
f0008679_043396.jpg

邸宅の一階にはゲストを遇する広間が複数あり、二階へと続く特徴的な螺旋階段が絶妙の位置に配されている。調度品、壁にかけられた絵画なども味わいがある。

二階は寝室と思われる小部屋が5つほど並んでいる。プライベートスペースだろう。

f0008679_0554374.jpg
f0008679_0555522.jpg

庭園も広い。芝生が全面に敷かれており、灯籠や池、プールまである。この庭園は邸内から広く見渡せるようになっていた。庭で展開される四季の変化はさぞ美しかったことであろう。

f0008679_1352164.jpg

時の流れは残酷で、すでにこの洋館も取り壊され、現在この場所には13階建て、8階建て2棟のビルが建っている。
[PR]
by iyasaca | 2013-10-19 00:32 | 東京千代田区
<< 旧青木周蔵那須別邸にいってみた インド・チャッティスガル州にい... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル