勝手に僻地散歩



奥那須 北温泉旅館にいってみた その1

f0008679_2158278.jpg
今回の目的地は、奥那須の秘湯、北温泉である。

北温泉は、かつては岐多、喜多とも表記されていたこともあったが、明治に入って「北」に統一されたようである。
f0008679_2158699.jpg
宿までは車で到達することはできない。旅館から約400メートルほどの場所にある駐車場からは、遊歩道を歩かなければならない。
f0008679_2158973.jpg
f0008679_2241137.jpg

f0008679_2232723.jpg

f0008679_2233031.jpg
緩やかな坂道をしばらく下るとまず目につくのは谷間から顔を出す赤茶色のコンクリート壁である。防砂ダムと思われるコンクリート構造物の周辺に、黒い屋根の旅館の建物が見えてくる。一番古い建物は江戸時代の建造で、その後明治、昭和と新たな棟が建てられている。
f0008679_2273192.jpg
宿の脇には余笹川が流れている。
f0008679_2273412.jpg

f0008679_2273672.jpg
坂を下りきると宿の全景が見える。右手には15m×10mの大露天風呂が目に飛び込んでくる。水着着用可能の混浴風呂である。湯温は低く、温泉というより温水プールである。人影はない。いよいよ旅館の入口に到達する。
[PR]
by iyasaca | 2011-10-22 00:55 | 栃木
<< 奥那須 北温泉旅館にいってみた... 恐山にいってみた その3 >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル