勝手に僻地散歩



荒神谷遺跡にいってみた その4

f0008679_2112334.jpg

荒神谷での銅剣の出土から2年、1985年7月11日から地下レーダー、浅部電磁法探査装置、金属探知機を使って21日間にわたって追加調査が行われた。

この調査で銅剣が出土した場所から東に7メートルの場所から刃を起こし、峰の部分が互い違いにされて埋められた状態の銅矛が16本、銅鐸6口を納めた東西2メートル、南北1.2メートルの埋納壙が発見された。その埋納壙の西側にまとまって納められていた6口の銅鐸は、どれも高さが21.7~23.8センチのものであった。

f0008679_2113592.jpg銅鐸のルーツは中国四川省広漢の三星堆遺跡(BC2,000年頃)から出土した青銅器に求める説や、中国や朝鮮で牛馬の首につけられていた銅鈴であるとも考えられている。
<写真:三星堆遺跡から出土した銅鐸に似た青銅器、BC2600年~BC850年>
f0008679_19433583.jpg
<写真:北朝鮮平壌上里遺跡出土の銅鐸、BC500年頃>
朝鮮半島で出土している銅鐸の形状に類似した鈴は多くが5-6センチ程度で大きいものでも10センチに満たなかった。
f0008679_1943554.jpg
<写真:韓国大田市槐亭洞遺跡出土の銅鐸、BC300年頃>
しかしBC500-400年頃に日本に伝来して以降、鈴から祭具となるにつれ、次第に巨大化し、AD100年頃から観賞用と考えられる1メートルを超える銅鐸まで登場した後、AD300年頃までに鋳造されなくなった。

銅鐸の鋳造場所、年代を推定するための直接的方法はない。しかし手がかりとなりうる方法論はいくつか存在する。鉛同位体比を調べる方法である。青銅器に含まれる鉛の同位体の比率を測るこの方法では鉛の産地が分かるのである。しかし言うまでもなく鉛の産地の情報だけでは鋳造場所は分からない。土器や木管と共に発見された鋳型が見つかり、かつその青銅器が同笵であることが分かれば、場所と年代の情報は手に入るが、荒神谷の場合、それらの情報が存在しない。

とは言え荒神谷の青銅器の鉛同位体比の調査は行われている。東京国立文化財研究所の分析によると「B、C,D列の銅剣に含まれる鉛はその全てが中国の華北地方産出のものと推定できる。A列34本の内1本の銅剣のみが、朝鮮半島の鉛であった。A列の10本の銅剣はこのどちらにも入らない、即ち華北と朝鮮の鉛が混ざったもの」との結果が出た。

鋳造場所の特定については、同笵調査と呼ばれる同じ鋳型でつくられた他の銅鐸があるかどうかの調査が有用である。場所と言っても、九州北部か近畿か出雲かなど地方レベルの特定しかできない。

f0008679_18512515.jpg鋳造時期の推定には、銅鐸の形状、刻まれている文様と同時代の土器に描かれている文様との比較、大きさ、吊り手の形状などから鋳造年代を推定する銅鐸年代観という手法がある。国立民族学博物館の4代目館長であった佐原真名誉教授の業績であるこの銅鐸年代観によれば、銅鐸は時期によって4類型に分けることができるらしい。
<写真:佐原真名誉教授>

荒神谷から出土した6口の銅鐸にもこの手法を用いて分析がされている。6口の銅鐸にはそれぞれ1号から6号と名前がつけられている。

2、3、6号銅鐸については、形状・文様構成ともに典型的なII式4区袈裟襷文である。2号銅鐸は京都市右京区梅ヶ畑遺跡出土の4号銅鐸と同笵であることが判明しているほか、3号銅鐸は伝徳島県出土銅鐸と同笵であることが分かっている。この3つの銅鐸は、他のII式銅鐸や同笵の分布状況から近畿およびその周辺で製作され、出雲にもたらされたという説が有力である。銅鐸年代観に従えば、製作時期は、BC300-200年頃となる。

また出雲近辺には銅鉱山があり、また鋳型を作るための材料となる「来待石(砂岩の一種、細かい細工がしやすく、勾玉などの製造に際して砥石として利用された)」が大量にあることから、出雲で原材料を集め、大量に製造したのではないか、という説(島根県立図書館・速水保孝館長)もある。

5号銅鐸はI式の最も古いタイプ

1、 4号銅鐸は、佐原氏の分類にない形である。
高さ23センチの1号銅鐸は、片面に三角形と斜線を組み合わせた文様 、もう一方が重弧文に斜線を組み合わせた文様が刻まれていた。鐸身を4区に分けた袈裟襷文の中の文様が表裏で異なっていた。重弧文と市松文が刻まれた銅鐸は過去に見つかっておらず、また袈裟襷文の特徴も今までに発見された銅鐸との類似性が見られなかった。

その他の特徴として、他の銅鐸に全く見られない吊り手の断面が2段となっているという特徴が見られる。また鐸身の断面形が円形に近いこと、鐸身の反りが弱い点などを指摘されている。

かろうじて過去の銅鐸との類似面として、鰭(ひれ)部分に複合鋸歯文が見られるということである。この文様は福田型銅鐸と類似している。しかし上記に述べたとおりその他の要素とは大きな隔たりがある。鉛同位体比の値は荒神谷銅剣に近い。

内面の突帯の摩耗状態から、鋳造されてからかなり時間が経ってから埋納されたらしいことも分かっている。

4号は不明もII式の文様構成の流れに沿っている。
[PR]
by iyasaca | 2011-01-29 23:02 | 島根
<< 荒神谷遺跡にいってみた その5 荒神谷遺跡にいってみた その3 >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル