勝手に僻地散歩



自由学園明日館にいってみた その6

f0008679_9331236.jpg

この旧目白の校舎は1934年まで使われていたが、その後教育機能は南澤(現在の東久留米市)に遷された。生徒のいなくなった明日館は卒業生の事業活動などに利用されてきたが、1997年5月、その歴史的、芸術的価値が認められ、重要文化財に登録された。1999年3月から2001年9月にかけては保存修理工事が行われた。この修理の際に中央ホール西側の塗り固められた壁の下から壁画が発見された。

f0008679_9435733.jpg
<写真:改修時に見つかった壁画。冩っちゃったひと、ごめんなさい。この角度が良かったもので>
自由学園校歌にある旧約聖書出エジプト記の「見よ、火の柱、雲の柱」の一節をモチーフにしたこの壁画は、創立10周年記念として、当時の自由学園の美術教師で美術家でもあった石井鶴三の指導のもと、生徒たちの手によって描かれた。

明日館講堂を見学して、そろそろ帰ろうかと思っていたところ、入り口付近に人の塊があった。時計を見るとちょうど14時。この時間は明日館の職員によるガイドツアーがある。これはと思い、再度解説付きで館内見学をした。解説なしには気づかずに通り過ぎてしまうところにも丁寧な解説がある。ガイドツアーの時間に合わせての訪問を強くおすすめする。
[PR]
by iyasaca | 2010-08-21 00:03 | 東京都豊島区
<< 辛卯 自由学園明日館にいってみた その5 >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル