勝手に僻地散歩



修善寺温泉・新井旅館にいってみた その6

f0008679_1562153.jpg
<写真:振り返ると雪の棟>
新井旅館の文化財は他にもあり、そのひとつひとつを紹介していたらばきりがないのだが、新井旅館のエントリーの最後に、敷地の北西の端にある観音堂に足を運んでみた。

雪の棟の西端にある引き戸から名物の大欅を右手に見ながら石濤渓に出る。目当ての観音堂に向けては緩やかな坂道になっている。よく居酒屋にあるような底の丸いサンダルに履き替えなければならなかったので、バランスを取るのが難しい。足をくじきそうになるのに細心の注意を払いながら歩を進める。

f0008679_1582762.jpg
<写真:新井旅館 観音堂(昭和11年建築、登録有形文化財)>
天平大浴場と同じ台湾檜を用いたこの観音堂は1936年(昭和11)に建立されている。日本美術院初代理事長の安田靫彦画伯が、沐芳のために子々孫々の反映と旅館の繁栄の祈りを込めて設計したものである。そのつくりは同じく安田画伯が設計し、沐芳が資金援助した新潟県出雲崎の良寛堂(大正11)と似ているらしい。出雲崎は言うまでもなく、良寛生誕の地である。堂内には、安田靫彦画伯が選佛した1,200年前の木造聖観音菩薩像が安置されている。

f0008679_274339.jpg
<写真:庭園内を見張る地蔵>
観音堂を後にし、旅館に戻る。
f0008679_293231.jpg
<写真:大正ガラス。表面がやや波打っている。>
チェックアウトの直前に館内案内に参加した。500円である。新井旅館の文化財の維持補修に使われるとのことである。館内案内は新井旅館の歴史を写真パネルを使いながら、説明を受けるというスタイル。文豪が宿泊した部屋の中まで見せてくれれば、なお良かった。チェックアウト時には玄関に並べられた靴が温められているなど、細かな気遣いが見られるのは新井旅館ならではであろう。再訪するならば、やはり紅葉の季節かなと思いつつ、宿を後にした。
[PR]
by iyasaca | 2010-05-08 09:10 | 静岡
<< 修善寺温泉に行ってみた その2... 修善寺温泉・新井旅館にいってみ... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル