勝手に僻地散歩



パラオにいってみた その6 南方航路と九七式飛行艇

f0008679_2104073.jpg
<写真:パラオ松島>
当時、海上を飛ぶ長距離空路に就航していたのはほとんどが大型旅客飛行艇であった。しかしとりわけ、パラオ線を含む南方航路に飛行艇が重宝されたのは、多くの南洋の島々には水上飛行場として利用できる、環礁内の外海の波の影響を受けない内海があったからである。
f0008679_211263.jpg


さてパラオに話を戻す。216機製造された九七式飛行艇のうち18機が大日本航空に卸されたことは先に触れた。これらの飛行艇はそれぞれに「綾波」「磯波」「黒潮」「白雲」「巻雲」などの愛称がつけられ、商業飛行が行われた。南洋への航路は二つ。横浜(40年までは富岡飛行場、以降は根岸飛行場)―サイパンーパラオ(後にポルトガル領チモールまで延びた)とサイゴンートラック(現チューク)-ポナペーヤルート(現ジャルート)であった。綾波は新航路開拓に先立つ調査飛行にもよく使われた。1939年10月22日には、パラオからはるか南のチモールへ調査飛行を行っているほか、同年11月22日から27日にかけては、横浜―サイパンーパラオー淡水(台湾)-横浜という9,237キロの航路を37時間12分で航行したとの記録が残っている。

サイパンまでの運賃は235円。当時の大学の初任給が50円だったから、現代で言うと100万円くらいの感覚だろう。ちなみに同時期に飛行機で東京ー大阪を移動すると30円、東京ー大阪ー福岡、福岡-蔚山(うるさん)―京城―平壌―大連という満州方面のルートの運賃は145円だったという。

f0008679_2124184.jpg
<写真:南洋庁が島を切り開いてつくった水道、「新水道」の文字が見える>
サイパン経由南洋群島への定期便は1939年に就航する。午前05:30発でサイパンには15:30着。その先は翌日07:30発の便に乗り、パラオ到着は14:00であった。横浜からは飛行時間だけで17時間である。1940年3月には根岸飛行場の拡張工事が完了したことを受け、サイパン航路の出発空港が富岡飛行場より移転する。併せて月2便から4便にと増便されている。

f0008679_215699.jpg
1945年ポツダム宣言受諾を受けて、即日武装解除が始まりまた民間航空についても航空機の所有、運用の一切が禁じられ、関連組織は全て廃止、解散することとなった。大日本航空もその一つ。戦後処理のため運行していた緑十字飛行も10月17日に終了
11月18日にGHQが布告した 「民間航空廃止ニ関スル連合軍最高司令官指令覚書」(SCAPIN-301)によって日本人による航空活動は一切禁止された。日本の航空産業は未だにこの敗戦の痛手から立ち直っていない。
[PR]
by iyasaca | 2009-08-22 02:06 | パラオ共和国
<< パラオにいってみた その7 パ... パラオにいってみた その6 旧... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル