勝手に僻地散歩



コタキナバルにいってみた-ポーリン温泉からキナバル公園へ

f0008679_7505531.jpg
ポーリン温泉である。ここは温泉といっても、日本で言う、いわゆる温泉とは異なる。露天では水着着用をしなければならないこともあり、温水プールと言ったほうがイメージに近いだろう。お金を払えば、個室で風呂に入ることもできる。11部屋あるとのことである。硫化水素系の緑がかったお湯の源泉温度は55度であるとのことだが、湯船のお湯はかなりぬるい。

f0008679_895442.jpg
ポーリン温泉は、旧日本軍によって発見された。地元には温泉習慣がないのか、日本軍が撤退した後は放置されていたが、70年代から少しずつ整備が進められ、90年代までにはキャノピー・ウォーク(ジャングルの木々、地上40メートルに渡してある吊り橋)やバタフライ・ファームなどを併設する国立公園となった。現在では年間15万人の観光客が訪れているという。

地上41メートルの高さに架けられた吊り橋も名物であるというので、出かけてみる。この日は体調が悪く38度近い熱があったのだが、20分近くかけて山道を登った。

f0008679_8211911.jpg
ようやくたどり着いた吊り橋は、一度に6名しか渡れず、またかなり狭い。発熱のため歩くのが精一杯で、スリルを感じる余裕はなかった。カメラの持ち込みは5リンギット、ビデオカメラの持ち込みは30リンギットとなっているが、お金を払う余裕もなかった。

f0008679_84162.jpg
ポーリン温泉からキナバル山公園本部に移動した。キナバルとは中国人の未亡人との意味である。周辺には中国の王子とその未亡人の伝説も残っている。語源としてはもう一つ、キナバル アキ・ナバル(祖先の霊る山)が訛ったものだとする説もある。世界自然遺産のキナバル山の頂きは、厚い雲に遮られて見ることができなかった。
f0008679_841925.jpg
このあたりは標高も1,600メートルほどで、空気もひんやりしている。
f0008679_8503999.jpg
植物園には熱帯特有の植物が群生している。植物に詳しい人間ならば、楽しめる場所だろう。
f0008679_8505851.jpg
f0008679_851127.jpg
f0008679_851287.jpg
f0008679_8513958.jpg
かえる。
[PR]
by iyasaca | 2009-04-18 22:40 | マレーシア
<< マーシャル諸島にいってみた  コタキナバルにいってみた-世界... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル