勝手に僻地散歩



タグ:ponoh ポーノ ( 1 ) タグの人気記事


ナコーンシータマラートにいってみた その4

f0008679_2132048.jpg
f0008679_21323351.jpg

タイといえば、仏教国というイメージがある。全くその通りであるのだが、南部州は事情がやや異なる。ナコーンシータマラートの南方にあるパタニ(Pattani),ヤラ(Yala),ナラティワット(Narathiwat)の深南部(Deep South)と呼ばれる3つの州は、マレー・ムスリムが多数を占める。すでに述べたように、この地域は1390年から1902年までパタニ王国(Patani Sultanate。ちなみに、Pattaniはタイ語表記)が支配していた。それまでヒンズー教が支配的であったこの地域がイスラム化したのは13世紀中葉のことである。

1902年にシャムに併合されたパタニ王国は、その後苦難の歴史を歩む。イスラム教徒は、二級市民として差別され、パタニの支配者は中央政府の意向によって、次々と首がすげかえられていった。その後も、中央政府は強力に同化政策を推し進めたが、民衆の反発が強まると見ると、融和的な姿勢を見せることで、緊張緩和を図るということを繰り返してきた。

その抵抗運動に対し、陰に陽に力を貸してきたのがポーノ(Ponoh)またはポンドック(Pondok)と呼ばれ、より広くはマドラサ(Madrassa)として知られるイスラム宗教学校である。タイ中央政府が、同化政策の一環として、地元のエリートを排除した後、マレーイスラムのコミュニティの精神的支柱として、指導的地位に就いたのは、宗教学校の長(グル、Guru)であった。

f0008679_2132114.jpg
f0008679_21322197.jpg

「学び場」を意味するマドラサは、タイ、マレーシアだけでなくイスラム圏に広範に見られる学校システム(12年間、6歳から18歳くらいまでが対象)で、多くの場合学生寮を併設している。上に見られるように、寮といっても簡素なつくり。4-5名がひとつの小屋に起居している。女性の区域と男性の区域は分かれている。経済的、宗教的理由で公教育の枠組みの外にある人々にとって、マドラサは教育の機会、そして生活の糧を提供する貴重な場であり、社会の中で重要な機能を果たしてきた。

f0008679_21324351.jpg
f0008679_21325212.jpg

コーランの暗記、イスラム法学者の養成を行うマドラサは、イスラム過激派の温床として、非難の対象となってきたが、多くのマドラサは、宗教教育のほかに数学、外国語、アラブ文学、世界史、科学など幅広い科目を教えており、決して全てのマドラサが過激派の温床というわけではない。しかしその一方で、一部に暴力を肯定し、西洋への憎悪をかきたてるような教育を施すマドラサがあることは事実である。

タイ中央政府は1961年、「教育改善プログラム」を施行し、ポーノに世俗的教育を行うことを義務付け、それを拒否した場合は、閉鎖を命じた。その結果1961年に535あったポーノの数は、1991年には189に減少した。

その代わりに台頭したのがイスラム私立学校(Private School Teaching Islam、PSTI)である。PSTIは、タイの公教育のカリキュラムとイスラム教育を並存させている。現在では、PSTIは伝統的なポーノよりも格式が高く、人気もある。その人気ゆえに資金力もあり、有能な教師を集めることで、さらに教育機関としての地位を高めている。

さてDeep South3州は、かつてのパタニ王国の再興を夢見て、独立を目指す勢力、マレーシアへの編入を企図する勢力、またそれを暴力的に達成しようとするグループ、穏健なアプローチを採るグループなどが入り乱れ、断続的に抵抗運動が発生し、また中央政府も強権的な対応を通じて事態の収拾を図ってきた。

80年代に入り、軍事から経済へと方針転換がなされ、何とか地域の安定が図られてきたが、状況が変わったのはタクシン政権下で起きた3つの事件である。そして皮肉にも、過激派に活動の場を提供したのは、伝統的なポーノではなく、タイ政府がイスラム勢力の世俗化を企図して導入したPSTIであった。

2004年に立て続けにおきた三つの事件を一つの契機にまた分離主義を声高に唱えるグループの活動が活発化している感がある。特に2004年10月25日に発生したデモの群集を取り調べのため、駐屯地へ輸送した際に78名が窒息死したという事件は、国際的にも大きく報道され、タクシン首相の事件への対応のまずさがさらに事態を悪化させた。Deep Southでは今でも爆発事件、銃撃事件が頻発している。
[PR]
by iyasaca | 2006-06-11 21:53 | タイ王国 | Comments(2)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル