勝手に僻地散歩



タグ:ニューライト ( 2 ) タグの人気記事


ソウルにいってみた その4

f0008679_039259.jpg
<写真:ソウル市庁前広場から見た徳寿宮>
金大中、盧武鉉と10年にわたって続いた進歩系政権が幕を閉じた韓国を再訪する。韓国は、周知のように昨年12月の大統領選挙と4月に行われた総選挙が実施されたことで、今後4、5年の政治の流れが規定されたと言ってよい。2007年12月19日に行われた韓国大統領選挙では、ハンナラ党(保守系)の李明博(Lee Myung-Bak)候補が次点に531万票以上の差をつけて圧勝し、2008年2月25日に就任した。任期は5年である。

f0008679_2333682.jpgf0008679_23135249.jpgf0008679_2311190.jpg
<写真:左から李明博候補、鄭東泳候補、李会昌候補>
                   得票数      得票率
李明博(ハンナラ党)     11,492,389票  48.7%  
鄭東泳(大統合民主新党)  6,174,681票  26.1%  
李会昌(無所属)        3,559,963票  15.1%   
<2007年大韓民国大統領選挙の結果(所属は当時)>


4月9日には、韓国議会(定数299、任期4年、解散なし)の総選挙が行われ、ここでも保守系のハンナラ党が単独過半数を確保している。結果は以下の通りである。

f0008679_2305913.jpg
<表:過去3回の韓国総選挙の結果とその推移>

<韓国国会における主要政党>
ハンナラ党は韓国最大の保守政党。李大統領が属する。
自由先進党は忠清道を基盤とする保守系政党。
親朴連帯は、ハンナラ党の公認に漏れた朴槿恵が作った政党
統合民主党は、盧武鉉前大統領の流れを引く革新系政党
f0008679_2375166.jpg任期5年の大統領、解散なしの任期4年の国会内勢力ともに保守勢力が勝利したということは、李新大統領の選挙公約「大韓民国747」(年7%経済成長で任期中に300万の雇用創出、10年以内に国民一人あたり所得を4万ドルに引き上げる、10年以内に経済規模を世界13位から7位にする)を敷衍した、国政運営方針「5大国政指標、21大戦略、192国政課題」を革新・進歩系野党の妨害を受けずに遂行できる道が開けたことを意味している。ただし総選挙にあたって、朴派をことごとく公認から外した李大統領のやり方に反発し、保守陣営内に生じた亀裂は思いのほか深い。ハンナラ党内外に散らばる親朴派との融和がなるかどうかが、今後の政権運営に大きく影響するだろう。
<写真:朴槿恵、暗殺された朴元大統領の娘である>

さて、2006年のエントリーで韓国における新しい政治の動きとして触れたニューライトの動きは、今回の大統領選挙、国会の総選挙にどのようなインパクトを与えたのであろうか。

f0008679_2331085.jpg
<図:『朝鮮日報日本語版』「ニューライト勢力の分化」2007年11月29日付>

図を見れば明快だが、先日の大統領選挙は独走していた李明博候補の向こうを張って、前回選挙で盧武鉉に惜敗した李会昌氏も名乗りを上げた。この保守陣営の分裂がニューライト系団体の足並みの乱れを誘発したのである。ニューライト陣営は、大きく分けるとハンナラ党と李明博候補を支持するグループと李会昌を支持するグループとの二つに分裂した。李明博候補への支持には団体ごとに温度差はあるが、大多数は選挙期間を通じて圧倒的な支持を維持した李明博候補という勝ち馬に乗る選択をしている。ニューライト系は単に団体として支持を表明するだけでなく、例えば自由主義連帯を率いるジンジホ教授は今回の選挙にハンナラ党から出馬し、元ウリ党議長の大物現職議員、金槿泰(キム・グンテ)を破り、政界に進出している。

かなり遅いタイミングで無所属で立候補した李会昌候補に対する反発は、政策的に異議があると言うよりも、保守票を分裂させ、革新系候補に漁夫の利を与えるようなことになりかねない「自分勝手な」立候補に対する憤りの方が強かった。実際に1998年の大統領選挙は保守系の有力候補が票を分け合い、金大中に政権をさらわれたという苦い経験がある。保守系政権での政権内ポストを10年間待ち続けた保守陣営の面々にとっては、李会昌の行動は理解を超えるものがあったのであろう。

さて、新政権が遂行する政策の中で対外政策、とりわけ対日政策について、どのように取り扱われていくかも注目すべきところである。日韓交流がどの程度実施されているかは、二国間関係の成熟度の指標でもある。以下に見るように、例えば日韓の国会議員交流という活動に絞ってみても、多くの団体によって実施されていることが分かる。継続的に行われているものだけでも、
1)日韓・韓日議員連盟が東京とソウルで相互開催している年次総会(1972年に日韓議員懇親会として発足)
2)同議員連盟21世紀委員会による若手国会議員交流(山本一太、河野太郎ら)
3)日本国際交流センターによる「日韓フォーラム」(1993年から2007年まで毎年実施)
4)韓国中央選挙管理委員会による「マニフェスト日韓交流」(2006年より年1回開催)
5)日韓の若手国会議員有志による「バクダンの会」
があり、
継続的に行われていたものの休止してしまった取り組みとしても、
6)社団法人アジアフォーラムジャパンが2002年まで実施していた「日韓アジア対話」
7)日韓産業技術協力財団が2003年まで実施していた「次世代リーダー交流」
がある。
アドホックに行われている交流はさらに多く、また一新塾(小沢一郎の政策学校)による「日韓草の根交流」や日韓学生会議を前身とする日韓青年フォーラムが実施している草の根交流まで含めると相当の人間が相互に訪問していることが分かる。
f0008679_23161632.jpg
<写真:李明博「ソウル市長」の功績の一つ、ソウル市内を流れる清渓川>

大統領の実兄で国会副議長も務めた長老議員である李相得(イ・サンドク)氏が日韓関係を取り仕切ることになるという報道もあった。李大統領は、盧武鉉政権で繰り返し問題として提起された歴史問題については、福田総理との合同記者会見の場で、「過去を忘れることはできないが、過去にとらわれて未来に支障が出てはならない」「(歴史についての)政治家の発言にいちいち反応する必要はない」との発言もしている。さっそく本日も竹島・独島の件で、一悶着あった。反日カードを引くのか、そうでないのか、この問題の対応を見れば、今後の二国間関係の行く末をある程度見通すことができそうだ。
[PR]
by iyasaca | 2008-05-19 00:40 | 大韓民国 | Comments(3)

ソウルにいってみた その3

ニューライト運動にとって、一つの節目となったのは、2004年11月22日の「自由主義連帯」の発足である。30-40代の研究者、弁護士、NGO関係者(脱北者支援など)ら計60名が集まって発足したこのグループは、盧武鉉大統領の対外姿勢を、「行きすぎた北朝鮮に対する融和的姿勢と反米・左傾化」と見て、危機感を募らせている。

自由主義連帯は、すでに保守回帰が見られる386世代の下の世代をターゲットに、北朝鮮の食糧事情、社会体制、人権問題、脱北状況など北朝鮮の現状を質疑応答形式で解説した「教科書が教えない北朝鮮」シリーズの出版を開始。また、韓国の歴史教育の再点検を目指す「教科書フォーラム」も発足し、ほぼ同じ歴史観に基づいて書かれている現在の6種類の国定教科書に対抗する「代替教科書」の出版を見込んでいる。

2006年2月、ウェブ上での発信やシンポジウムの開催、教科書の出版など地道な活動を続けてきたニューライト運動に、強い理論的よりどころを与えうる著作が世に出た。1979年に出版された「解放前後史の認識」(ハンギル社)に対抗する歴史観を提示する「解放前後史の再認識」(本の世界社)である。「解放前後史の認識」は読んで『血が逆流する思いだった』と盧武鉉大統領が述懐するなど、386世代の理論的支柱である。ニューライト運動の理論武装を図ろうとするこの書籍の出版は、注目すべきである。

両者の歴史観の違いは、朝鮮日報2006年2月11日付、日本語版、「[歴史]韓国左派修正主義史観に挑む」に詳しい。以下表を引用する。

f0008679_23334574.jpg




ニューライトは短期的には、次期大統領選挙にて、保守系候補による政権奪取を視野に入れている。そして長期的には、韓国を市場主義に基づく、自由を重んじ、家族の価値に重点を置き、より安全保障の確保にプライオリティを置いた社会へと転換することを企図している。しかし、韓国社会の転換はもちろん、短期的な目標である保守勢力の政権奪取ということですら、簡単ではない。

まず、ニューライト系の動きの中にも対立があり、結集がなかなか図れないことがある。ニューライトを標榜する組織は、いくつも存在する。思いつくまま挙げるだけでも、ニューライト・ネットワーク(自由主義連帯)、ニューライト・シンクネット、ニューライト財団(安乘直 ソウル大学名誉教授・落星台(ナクソンデ)経済研究所)、ニューライト全国連合(金鎮洪(キム・ジンホン)牧師(ドゥレ教会))、先進化国民会議(朴世逸(パク・セイル)ソウル大学教授、 徐京錫(ソ・ギョンソク)牧師)などである。しかし、これら多くのニューライト団体は現段階においてはあくまでも、それぞれ連動した動きを模索するわけでもなく、例えば光州事件への評価など一致しないところも多い。

しかり、反共主義などオールライト的色彩の濃いハンナラ党、386世代を支持層に持つウリ党という二つの選択肢しかない現在の韓国政治に、新しい選択肢を提供できる可能性があるという点において、ニューライト運動は大いなる可能性を持った動きであることは確かである。運動としてどのようにして凝集力を高め、政治力を確保するのかはまさに今後の課題である。いずれにしても、刮目すべき韓国政治の変化であろう。
[PR]
by iyasaca | 2006-09-04 23:27 | 大韓民国 | Comments(0)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル