勝手に僻地散歩



タグ:ドゥラニ ( 1 ) タグの人気記事


アフガニスタン・カブールにいってみた その1

f0008679_851914.jpg
パキスタンの首都イスラマバード経由でカブールに向かう。
イスラマバード空港は、セキュリティが厳しく、全ての搭乗客の荷物は係官によって開けられ、危険物がないかどうかチェックされる。チェックにあたる係官もそれほどの数がいないのにかかわらず、突然休憩に入ったのか、いなくなったりする。しかし係官のいなくなった列に並ぶ搭乗客は別に怒りの声を上げるわけでもなく、係官のいる横の列に当たり前のように割り込んでいく。私の並んでいた列も突然乱れ始めたが、日本的ルールに従っていては到底搭乗時間に間に合わないので、郷に入れば郷に従えとばかりに隣の列に自分の場所を確保した。それでもセキュリティを抜けて、搭乗手続、出国手続まで終えるのに2時間以上かかり、すでに搭乗予定便は最終案内をしていた。
f0008679_851562.jpg
アフガニスタンは約65万平方メートルの国土の3分の2が標高1,500メートル以上であり、また国土の9割が山岳・高原地帯の内陸国家である。日本の1.7倍の国土にパシュトゥーン人(38%)、タジク人(25%)、ハザラ人(19%)、ウズベク人(6%)ら多くの民族が生活を営んでいる。起伏に富む高原地帯ゆえに、農耕には不適の土地柄であるなか、多くのアフガン人が農業で生計を立てている。

ちなみに多数派を占めるイラン系遊牧民族であるパシュトゥーン(Pashtūn)は、パフトゥーン(Pakhtun)、パターン(Pathan)、アフガン(Afghān)とも呼ばれる。つまり、アフガニスタンはパシュトゥーン人の国という意味なのである。パシュトゥーン人には、カンダハール、ヘラート、ファラー州に居住するドゥラニ部族連合とガズニー州等に居住するギルザイ部族連合という二つの有力部族がある。2004年10月9日アフガニスタン初代大統領に当選したカルザイ大統領は18世紀以降5人もの国王を輩出したドゥラニ部族系のポパルザイ部族出身である。

現在アフガニスタンと呼ばれる地域に最初に国家らしきものが成立したのは、18世紀のことである。1747年パシュトゥーン系のアハマッド・カーン・サドザイが部族会議にて王に選出され、アフマッド・シャー・ドゥラニとして初代王に即位し、サドザイ朝(ドゥラニ朝とも言う)が成立する。

19世紀に入ると英国が数度にわたって、英領インドの権益確保とロシアの南進を食い止めるためにアフガニスタンに進出する。この英国とロシアの勢力争いはグレート・ゲームと呼ばれるが、この土地に進軍した軍隊は厳しい気候条件と飢え、そして神出鬼没の現地の武装勢力による攻撃に撤退を余儀なくされるということを繰り返すことになる。

このアフガニスタンの性質を決定付ける基礎要因は現在まで変わっていない。グレート・ゲームが終焉した後も、アフガニスタン社会を近代化しようとした歴代の国王、冷戦後期におけるソ連、9・11後にタリバンを放逐したアメリカなどは軒並み、アフガニスタンに根ざす強い保守性に拒否され続けている。
<写真:アフガン・パキスタン国境あたり(多分)>
f0008679_8522288.jpg
このアフガニスタン社会の特質について、ある歴史家はこう書き残している。

「アフガン人の最も顕著な特徴の一つは、独立への強い愛情である。アフガン人は、忍耐強く、不幸や貧困を甘受するが、外国統治に屈することだけはできない。・・・アフガニスタンを大規模な軍隊で侵略する者は、飢餓によって破壊される。アフガニスタンを小規模な軍隊で侵略する者は、敵対する人々によって圧倒されるだろう。」

現在進行形の無謀とも言えるアフガニスタンの国づくりと日本の役割について、今後何回かに分けて考えてみようと思う。

<写真:カブール空港>
[PR]
by iyasaca | 2007-11-24 08:51 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(5)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル