勝手に僻地散歩



石舞台古墳にいってみた その4

f0008679_22372146.jpg
<図:飛鳥京絵地図、国営飛鳥歴史公園HP
最後に石舞台古墳の被葬者として最も有力な蘇我馬子の死にかかわる日本書紀の記述を確認してみる。該当する箇所は、推古天皇34年(626年)5月の条にある。そこには、以下のように記述されている。
卅四年春正月、桃李花之。三月、寒以霜降。夏五月戊子朔丁未、大臣薨、仍葬于桃原墓。大臣則稻目宿禰之子也、性有武略亦有辨才、以恭敬三寶。家於飛鳥河之傍、乃庭中開小池、仍興小嶋於池中、故時人曰嶋大臣。

意訳すると、34年春正月、桃、すもも(李)が花開いた。3月は寒く、霜が降った。
夏5月20日、大臣が薨れた。桃源墓に葬った。大臣は稲目宿禰の子である。性質として武略があり、また明察の才があった。三宝(仏教)を恭敬し、飛鳥川の傍らに家があった。庭の中に小さな池を開き、池の中に小嶋をつくった。それで当時の人から嶋大臣といわれていた。

とある。

飛鳥川の傍らにあった馬子が邸宅を構えていたという日本書紀の記述、石舞台周辺に今も残る島庄という地名、そして今は石舞台古墳の有料駐車場になっている島庄遺跡から検出された大型掘っ建て柱建物と方形池跡など日本書紀と符合する点などを総合的に考えると、石舞台古墳一帯は、蘇我氏に縁のある場所であったと推認することができる。

これらを踏まえて再度被葬者像に迫ってみたい。直接的証拠は見つかっておらず、全ては情況証拠である。

1) 築造の場所が島庄という蘇我氏ゆかりの土地である[近くに日本書紀の記述と符合する一辺42mの大型掘立柱建物と深さ2mの石張り方形池の遺構(島庄遺跡)が発掘されている]

2) 作られたばかりの古墳を削って、より大きな古墳として築造されている
 (ア) わざわざ古墳群があった場所にこだわって築造されている。
 (イ) 小規模古墳が削られていることから、元の被葬者より格上の影響力を持っていた人物
 (ウ) 一辺50メートルという当時では最大級となる古墳の大きさ。

ちなみに、6世紀末から7世紀中ごろの築造された一辺50m以上の方墳は、春日向山古墳(用明天皇陵66x60m)、山田高塚古墳(推古天皇陵、66x58m)、塚穴古墳(来目皇子墓、54x54m)、シシヨツカ古墳(大伴一族?、60x53m)だけである]。通常方墳は最大30歩(41.1m)という規格とされていたようだが、有力者にはそれを超える規格での築造が許されていたようである。石舞台は36歩と規格外の大きさである。

3) 早い時期に墓が暴かれ、墳丘が全て取り除かれるという激しい行為を受けていることから、大きな恨みを買っていた人物と推定される。

最後に喜田が「蘇我馬子桃源墓の推定―ケブの大石☓、島の庄の石舞台の研究」「歴史地理第19巻第4号に書いた文章を引用したい。
種々の事情を綜合して而して之に対して此の墓が斯く日本に一二を争ふ程の巨大なるものなりとの事実は桃源墓との此の石舞台とを接近せしむるに十分有力なる証拠となるべきものなりとす。
石舞台古墳の被葬者についての研究は、20世紀以降の調査の蓄積をもっても、1912年に喜田が到達した地点を補強する状況証拠が得られただけという水準にとどまっているようにみえる。
[PR]
# by iyasaca | 2015-05-02 00:00 | 奈良 | Comments(0)

石舞台古墳にいってみた その3

f0008679_23185120.jpg
<写真:石舞台古墳の石室へと続く羨道>
石舞台古墳について、考古学調査から得られている知見を引き続き整理していく。

古墳の大きさ
墳丘規模は厳密に基準が設けられていたことから、墳丘の大きさは被葬者の推定するに重要な情報である。ここではメートルに加えて、当時の計測単位も用いながら考察する。

当時の計測単位
1尺=22.9cm(古墳尺)
6尺=1歩(1.37m)

30歩以上の大型規格は四分の一歩(34.3センチ)で調整が行われた。30歩未満とする場合は、 八分の一歩(17.1センチ)、直径で3歩(4.11メートル)を単位として調整された。

さてこれらの事を踏まえて、石舞台古墳の規模と形状、そしてそれが意味することについて整理する。石舞台古墳の下段は一辺約50メートルほどであった。このことから規格としては、36歩(49.3m)が採用されたと推定される。30歩が大型古墳の規格とされていた時代、36歩は規格外の大きさである。また古墳は、幅5.9メートルから8.4メートルの空濠に囲まれており、さらにその外には上面の幅が約7メートルの堤があった。

石棺の大きさ
古墳そのものの規模と同様に重要なのは、被葬者の納められた石棺の大きさである。ところが、残念なことに石棺そのものは残存していない。石棺がないケースは石舞台古墳に限らず多く見られるため、両袖式横穴式石室の場合、羨道の幅が石室全体の規格を指し示す基準であるとの研究の成果として明らかになっている。

この横穴式石室の石室規格(=羨道の幅)の編年観によると、最高の格式とされるのが天王山古墳(崇峻天皇陵)、牧野古墳(押坂彦人兄皇子墓と推定)の羨道幅に見られる1歩四分の一(1.71m)である。石舞台古墳の羨道の幅は1歩半(2.06メートル)とさらに大きい。

副葬品
石棺をはじめ、副葬品はほとんど残されていない。見つかったのは、6世紀末の土師器と須恵器や銅の金具、釘、石棺の一部と推定される凝灰岩の破片だけである。またなぜか後代の宋銭(12世紀後半)や寛永通宝(17-19世紀)も見つかっている。出土遺物の写真は京都大学のデジタルアーカイブ「石舞台古墳 発掘の記録」でみることができる。

[PR]
# by iyasaca | 2015-04-25 00:00 | 奈良 | Comments(1)

石舞台古墳にいってみた その2

f0008679_23235647.jpg
<写真:石舞台古墳遠景>
前回のエントリーでは、石舞台古墳の被葬者を探るべく、古文献を見てきたが、有力な情報はほとんど得られなかったというのが結論であった。文献による示唆が得られないゆえ、考古学調査からの知見に頼るほかない。古墳の形状、副葬品、築造時期・場所などから得られている研究成果を整理してみることとしたい。

石舞台古墳は20世紀に入ってから、本格的な調査が数回行われている。その先鞭をつけたのは、1933年(昭和8)1月と1935年(昭和10)4月に、奈良県史蹟調査会と京都帝国大学考古学研究室による合同調査である。この調査の時の様子は、デジタル化され、だれでも閲覧することができる(リンクはここ)。その後も奈良県橿原考古学研究所などが発掘調査を行っている。これらの数次の調査から、何がどこまで分かっているのであろうか。

古墳築造の時期
古墳外堤の北西部より、石舞台古墳より古い時代の小規模古墳7基(一辺8メートルから18メートル)が発見されている。いずれも円形、方形古墳で横穴式石室である。須恵器、耳鐶(じかん)、釘などの出土遺物や横穴式石室の形態からこれら小規模古墳の築造時期は、6世紀後半から7世紀初めと推定できる。石舞台古墳はこれらの古墳の一部を削って、その上に築造されている。このことから、石舞台古墳は7世紀中頃の築造と推定される。
f0008679_22365338.jpg
<写真:築造時の石舞台古墳想像図、関西大学文学部考古学研究室、奈良県明日香村、石舞台古墳-巨大古墳築造の謎-解説書より>
築造時の古墳の形状
墳丘の下の段は方形を呈している。上段は失われているので不明だが、円形か方形の2つの可能性がある(上の絵図では上段も方形になっている)。より時代が下ると古墳は3段、4段、5段築成と発展していくが、築造の時期や古墳の規模から石舞台古墳は2段築成であったとする説が有力である。一段目と二段目の平坦な部分には通常埴輪などが並べられるが、墳丘が全て削られた石舞台古墳ではそれらの遺物は残っていない。

濠の斜面には30-80センチほどの花崗岩が平らな面を表面に揃えて敷き詰められていた。この貼石は築造当時、墳丘の全面に敷き詰められていたものと推定される。同じ時代に築造されたと推定される梅山古墳(欽明天皇陵と推定。発掘作業未実施のため、正確な築造時期は不明)、西宮古墳にも花崗岩の貼石が墳丘に施されている。
[PR]
# by iyasaca | 2015-04-18 00:00 | 奈良 | Comments(0)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル