勝手に僻地散歩



<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


丙申

謹賀新年。

本年の干支は、丙申(へい・しん、ひのえ・さる)である。

丙は五行では火の性格、方角では南、季節は夏にあたる。

丙を分解すれば「一」、「冂」、「入」となり、「一」は陽気が一段と伸びる様子、「冂(けい)」は左右に張り広げられた囲いを表し、陽気や活動力がすすんで発展することを意味する。「入」は内、つまり陽気が囲いの中に入るという意味となる。

また紀元100年、後漢の時代を生きた儒学者、許慎の手による部首別漢字辞典である「説文解字(せつもんかいじ)」によれば
「丙は南方に位し、万物成りて炳然たり。陰気初めて起こり陽気まさに欠けんとす」
とある。

ここにある火偏に丙、炳(あきらか)という字には、「陽気が一段と発展し、強い」という意味がある。つまり丙(ひのえ)は、陽気や活動力が一段と伸びるが、同時に陽気が囲いの中に入っていく、つまり陰りが見え始めることを表しているのである。

いっぽう申(さる)は、十二支の第九位、方角では西南西、時刻では午後四時にあたる。肋骨にまっすぐ背骨が走る様子の象形であり、「伸」という字にある通り、伸びるという意味がある。また「電」という字に見られる通り、転じて稲妻の光が走る様子を表している。

つまり丙申(ひのえ・さる)とは、新旧、善悪の勢力が一昨年、昨年に増し、いっそう強くなるが、あらゆる盛んなものの内には必ず衰えの兆しを含むという理にある通り、慎みを知り、有頂天となることを諫めるべき年なのである。

前回の丙申は、1956年。国内的には、戦争直後の混乱と朝鮮戦争を主因とする旺盛な消費・投資需要が一段落し、7月に発表された経済企画庁の年次経済報告の結語にあった「もはや『戦後』ではない 」との文言が流行語となった。また10月には鳩山一郎首相がソ連を訪問、日ソ共同宣言を締結し、国交が回復し、年末にはソ連の拒否権発動の立場からの方針転換に伴い、日本が国際連合加盟を果たした年である。

また国際的には年初にフルシチョフ第一書記によるスターリンの個人崇拝、独裁政治の批判と粛清の事実が明らかとなり(いわゆるスターリン批判)、米ソの雪解けムードが醸成されつつあったが、10月のハンガリー動乱におけるソ連軍による激しい民衆運動の弾圧など、後の激しい冷戦の萌芽も見えつつある時期であった。

さて翻って昨今の日本と日本を取り巻く状況はどうであろうか。未だデフレ脱却は成し遂げられないが、株価は4年連続で上昇し、賃金も上昇の兆しが見え始めてきた。稚拙な担当大臣の答弁や、自ら選び国会に招請した専門家に片っ端から違憲宣告されるという失態にもかかわらず、成立させた安全保障関連法案や未だ全貌が明らかにならないものの大筋合意したと伝えられているTPP、そして年の瀬も押し迫った段になって急転直下、韓国との合意にもちこんだ慰安婦問題の妥結などはいずれも変転する外部環境、とりわけ中国に対する強い警戒感への対応と見て取れる。

旧年中の動きを見るに安倍晋三総理大臣と官邸チームは、総じて効果的に施策を打ち出していると言えよう。次に見据えるのはロシアと北方領土の問題解決の道筋をつけることと橋下徹率いる大阪維新との共闘による憲法改正だろう。干支が指し示す通り、ますます陽気盛んに実績を積み重ねる安倍政権に終末の空気が流れ始める年となるのか。まだまだ陽気が前面に押し出される一年となるのか。慎みを知り、有頂天となるを自ら戒めることができるのかどうかにかかっている。

本年も皆様にとってよりよい一年となりますよう。
[PR]
by iyasaca | 2016-01-01 00:00 | 新年のご挨拶 | Comments(0)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル