勝手に僻地散歩



カテゴリ:千葉( 1 )


旧三菱銀行佐原支店本館にいってみた

f0008679_13395.jpg
水郷の町、佐原を訪ねる。

歴史のある町であるが、最も栄えたのは江戸時代である。江戸後期の医師赤松宗旦が1855年(安政5)に著した利根川中・上流の地誌である「利根川図志」の第五巻、「佐原川」の項の中でこう紹介している。

「佐原ハ下利根附茅(ママ)一繁昌の地なり。村の中程に川有て、新宿本宿の間に橋を架す(大橋云)。米穀諸荷物の揚さげ、旅人の舩川口より此処まで先をあらそひ両岸の狭きをうらみ、誠に水陸往来群集昼夜止む時なし」
(赤松宗旦(1855) 『利根川図志』 第五巻 丗三ノ四、山田屋佐助。 埼玉県立図書館所蔵)
往時の喧噪ぶりをよく表現している。
f0008679_1335269.jpg

f0008679_1335958.jpg
正面に見える木造の橋梁は樋橋(とよはし)である。今はコンクリート製となったこの橋は、江戸の初期に佐原村の灌漑用水を東岸から西岸に送るため、木製の大きな樋(とい)をつくり、小野川に架けられたことがそもそもの縁起である。その目的から当初は人が渡ることを想定していなかったが、後に大きな樋を箱形につくり、そこに丸太の手すりを付け、板を敷いて、人が渡れるようになった。大きな樋から小野川にジャージャーと水が流れ落ちていたので、別名ジャージャー橋とも呼ばれていた。写真で言うと橋の中央部少し黒く見える場所から水が流れ落ちるのである。現在の橋は平成4年に建て替えられているものである。
f0008679_1323752.jpg

この水運の町は戦後のモータリゼーションの進行とともに、ゆるやかに鄙びていったが、美しい街並みは残った。
f0008679_10581276.jpg

さてこれが本日の目当ての旧三菱銀行佐原支店旧本館(佐原三菱館)である。ルネッサンス様式の赤煉瓦造りの洋館に使われているこのレンガは英国から輸入されたものである。正面右隅のドーム状の屋根が特徴的なこの2階建ての洋館は1914年(大正3)、清水満之助商店(後の清水建設)の設計施工で川崎銀行佐原支店として建設された。川崎銀行は1943年に三菱銀行に吸収され、戦後は長く三菱銀行佐原支店として佐原の町の中心で金融サービスを提供した後、1989年佐原市に寄贈された。1991年に千葉県有形文化財に指定されている。
[PR]
by iyasaca | 2015-03-14 00:00 | 千葉 | Comments(0)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル