勝手に僻地散歩



カテゴリ:アフガニスタン・イスラム共和国( 7 )


カブールにいってみた 追記

f0008679_17115119.jpg
<写真:伝Mohammed Omar>
つい先頃、タリバン最高指導者であるオマル師が2013年に死亡していたとの報が流れ、しばらくしてタリバンも死亡の事実を認めるという動きがあった。2008年にカブールを訪れた際に書いたエントリーにて、オマル師について当時分かっていることをまとめていたことを思い出し、ここに改めて彼の動静について追記する形で記述する。

f0008679_2231566.jpg
<写真:投宿したインターコンチネンタルホテル、何度も襲撃されてます。>

2001年10月に開始したアフガニスタン攻撃以降、タリバンの最高指導者オマル師の足取りはほとんど分かっていない。軍事作戦開始直後の2001年10月にはカンダハールの自宅が攻撃された段階では、すでに自宅を離れ、アフガニスタン・パキスタン国境に向かっていたようである。(その後クエッタに避難したとの説もあり)。

2004年4月にパキスタン人ジャーナリストのモハマド・シェーザド(Mohammad Shehzad)が電話インタビュー(やり取りについては本エントリー末尾参照)を行ったとされているが、それ以外に本人の肉声(らしきものを含めて)が伝わることはなかった。ほかにも時折、パキスタンの情報機関(ISI)や、アフガニスタン政府、タリバン幹部を通じて所在や生存(死亡)情報が流れることはあったが、一つとして確認がとれた情報はない。

f0008679_2232417.jpg
<写真:地雷だらけの丘の上からのカブール市遠景>

噂と同程度の情報であることを前提の上で、オマル師の動静として報道された主なものについて時系列に並べてみると以下のような形になる。

2004年3月「ジャバー・アジズという名前の医師によると、オマル師は3月上旬にアフガニスタン南部ザブル州にて米軍の空爆に遭い脚部と体の左側を負傷、全治2ヶ月」 
 (3月20日付ウルドウ語日刊紙Auzaf)
2007年1月 「オマル師はISIの保護下にあり、クエッタにいる」
 (ムハマド・ハニーフ(Muhammad Hanif)タリバン報道官)
2009年11月「オマル師は10月にISIの手引きでカラチに移動」
 (ワシントン・ポスト)
2011年1月「オマル師は1月7日に心臓発作を発症し、カラチのアガ・カーン病院で手術・治療が行われた」
 (Eclipse Group(民間のインテリジェンス機関、当時はCIAと契約関係にあった。パネッタCIA長官が訪米中のパキスタン・ザルダリ大統領に問いただすも否定、腎臓疾患または髄膜炎との説もあり)
2015年4月 タリバン運営のサイト上で、オマル師の評伝発表

そのような中、突如として2015年7月29日にアフガニスタン大統領府及び国家保安局が、オマル師は2013年4月にパキスタン・カラチの病院で死亡していたと発表した。直後に否定をするタリバン幹部もいたが、翌30日になって、タリバンは公式サイトを通じ、「オマル師は病気のため亡くなった」とタリバン指導評議会とオマル師の家族と連名で発表した。死因は肺結核(アフガニスタン元閣僚の言による)であったとも伝えられているが、真偽は不明であり、「不審な状況(=暗殺?、アフガニスタン国家治安局ハシブ・シュデキ報道官)」との発言も報道されている。また亡くなった場所についてもアフガン領内であるともカラチの病院であるとも言われている。2015年8月7日にパキスタンのアシフ国防相は、同国議会で「パキスタンでは死亡も埋葬もない」と否定している。死亡日については、その後4月23日であったと公式ツイッター上で発表している。


<参考情報>
1)オマル師インタビュー
「The Rediff Interview/Mullah Omar」, (2004年4月12日) , [http://www.rediff.com/news/2004/apr/12inter.htm] (最終検索日2015年8月10日)
Where are you? How is your health? What are you doing for food?
I cannot disclose my location due to security reasons. I change it very frequently. But I can tell you. I am in Afghanistan. I am perfectly fine. Food should not be an issue for a true Muslim. God feeds me like he feeds other Muslims.
What is your strength? Who provides you arms and ammunition?
We are so many in numbers that our strength cannot be counted. Before vacating the country, we had dumped the arms and ammunition in huge quantities at various secret locations. We have enough to fight for decades. Moreover, we snatch arms and ammunition from the coalition forces just like we seized it from the Soviet forces.
What is your strategy?
We carry out guerilla activities. We recently carried out some suicide attacks that have been very fruitful by the grace of God. We have set up a special suicide squad that consists of 2,000 Taliban. This squad will make life hell for the US and its allies and force them out of Afghanistan. Insha Allah!
How did you manage to escape the US troops in Afghanistan? Are stories of your under-the-moonlight motorcycle getaway fact or myth?
This does not matter how I managed to escape. What really matters is God's mercy, kindness and greatness. He has been protecting Osama bin Laden and myself when the US warplanes were intensively bombarding the Tora Bora caves. It was almost impossible to escape this attack. But by the grace of God, we did not receive a single scratch.
Did you flee to Pakistan?
I am not sure. Perhaps! The border between the two countries is so contiguous that it is extremely difficult to judge whether one is physically in Pakistan or Afghanistan. We don't stay at one place and keep moving.
When was the last time you met or heard from Osama? Is he alive?
I met him months ago and we are in contact with each other. He is very much alive and kicking.
Where is he?
You think I will tell you! All I can says is, he is not in your (Pakistan) tribal areas!
You said you are in contact with Osama. What is your mode of communication?
I cannot go into details. There could be several ways. We have our own traditional system of communication.
Do you regret lending support to Osama and hosting him in your country?
Not at all. Osama is the greatest mujahid of the present times. He is not a terrorist as propagated by the US. He fought for Afghanistan. He saved Afghans. How could we regret hosting him? I asked the world to provide evidence again him. He was innocent. Therefore, nobody -- even Saudi Arabia -- could prove anything against him.

We had tremendous pressure to expel him -- even from our friends like Saudi Arabia and Pakistan. Your [former Pakistan] interior minister Moinuddin Haider and even General Pervez Musharraf met me personally to seek Osama's extradition. But I refused. We paid a very heavy price for this decision. But we proved that the Taliban were independent people. They were nobody's product as portrayed by the media.
The Taliban could have escaped the US wrath had they expelled Osama
We don't care for the US wrath! We are only afraid of God's wrath. The US was hell-bent to topple our legitimate government. It would have still done so even had Osama been expelled.
Don't you think you unnecessarily antagonised the international community? After all, what was the rationale behind destroying the Bamiyan Buddha?
I did not want to destroy the Bamiyan Buddha. In fact, some foreigners came to me and said they would like to conduct the repair work of the Bamiyan Buddha that had been slightly damaged due to rains. This shocked me. I thought, these callous people have no regard for thousands of living human beings --the Afghans who are dying of hunger, but they are so concerned about non-living objects like the Buddha. This was extremely deplorable. That is why I ordered its destruction. Had they come for humanitarian work, I would have never ordered the Buddha's destruction.
What is your opinion about General Musharraf?
General Musharraf was used by the US to topple our legitimate government. Thus he has committed a major sin. We will not forgive him! He is not loyal to Pakistan. He has betrayed the people of Pakistan as well as the Muslim nationhood. Like Bush, he too is a threat to the Muslim unity. I urge the people of Pakistan to wage jihad against Musharraf, remove him from power and punish him severely.
Afghans have chosen a constitution. They will be electing their president soon. Don't you think the country is moving toward stability?
All the delegates of the Loya Jirga were criminals as rightly pointed out by a young lady [Malalai Joya]. She showed the courage of telling the delegates that they were murderers of innocent people of Afghanistan and they should be dragged to the national and international courts of justice. The Loya Jirga is a US ploy to derive legitimacy for the Karzai government. We denounce it.

Our position is clear: we will kill all those who will register themselves as voters or cast votes in the forthcoming election. We will kill all those who support the US and its allies in any manner. America is the greatest evil on earth. It is the enemy of Islam. Whoever is the US friend is the enemy of Islam. Killing the enemies of Islam is jihad. We have already consigned to hell more than 1,000 infidels that include the Americans, their allies and their Afghan flunkies.
Have you issued a religious ruling to kill women that are working with aid agencies in Afghanistan?
Yes. As I said, whoever sides with the US or its allies deserves death. I am giving such women the last warning. If they do not dissociate themselves from these agencies within 30 days and confine themselves to the boundary wall of their houses, death will be their destiny. These agencies are preaching Christianity under the cover of development. Most of the Afghans have become apostate. They also deserve death. We will kill them.
What do you think of Afghan President Hamid Karzai?
He is a puppet of America, just like Abdul Haq, Haji Abdul Qadeer and Ahmad Shah Masoud. We condemned these three traitors to death. Insha Allah very soon, Karzai will also meet their fate. We want to show the world how the Taliban treats traitors!
Your former foreign minister Mullah Wakil Ahmed Muttawakil has turned renegade after striking a deal with the US. Another colleague Mullah Siddiqullah has deserted you. Does not it indicate 'demoralisation' among the Taliban?
The Taliban are not demoralised. Despair is a sin. The Taliban are united. We are giving the US and the coalition forces a tough time. We are hunting them down like pigs. We are very happy to learn that the US is dispatching an additional contingent of more than 2,000 soldiers. This will be a huge herd of pigs for us to hunt down. We are waiting anxiously for their arrival!

Mullah Muttawakil has not tuned renegade. He is in US custody, enduring the worst physical and mental torture. The US has failed to extract anything from him. Moreover, the Taliban is the name of a movement based on ideology. Such movements do not depend on individuals, but conviction, belief and God's support. All these elements are very much there.
A section of Afghan society says 'Mullah Omar' is a brand name and not a real person.
You better ask General Moinuddin Haider [former interior minister of Pakistan] or General Musharraf. They have met me. They will tell you whether 'Mullah Omar' is a myth or a reality. However as said earlier, our movement does not depend on individual. If I die today, there will be many 'Mullah Omars' to replace me. Similarly, if Osama dies today, there will be many 'Osamas' to replace him.
f0008679_2232177.jpg
<写真:土壁でできた住居跡>

2) オマル師―自身の言葉で 
「Mullah Omar - in his own words」(2001年9月26日)[http://www.theguardian.com/world/2001/sep/26/afghanistan.features11] (最終検索日2015年8月10日)

こちらはさらに前にボイス・オブ・アメリカによって行われた12分の電話インタビュー。

This12-minute interview with Mullah Omar Mohammad, the Taliban leader, was conducted in Pashtu for the publicly-funded radio channel Voice of America. The broadcast was pulled last Friday, following objections from the US deputy secretary of state and senior officials of the National Security Council.
Voice of America interviewer: Why don't you expel Osama bin Laden?
Omar: This is not an issue of Osama bin Laden. It is an issue of Islam. Islam's prestige is at stake. So is Afghanistan's tradition.
VOA: Do you know that the US has announced a war on terrorism?
Omar: I am considering two promises. One is the promise of God, the other is that of Bush. The promise of God is that my land is vast. If you start a journey on God's path, you can reside anywhere on this earth and will be protected... The promise of Bush is that there is no place on earth where you can hide that I cannot find you. We will see which one of these two promises is fulfilled.
VOA: But aren't you afraid for the people, yourself, the Taliban, your country?
Omar: Almighty God... is helping the believers and the Muslims. God says he will never be satisfied with the infidels. In terms of worldly affairs, America is very strong. Even if it were twice as strong or twice that, it could not be strong enough to defeat us. We are confident that no one can harm us if God is with us.
VOA: You are telling me you are not concerned, but Afghans all over the world are concerned.
Omar: We are also concerned. Great issues lie ahead. But we depend on God's mercy. Consider our point of view: if we give Osama away today, Muslims who are now pleading to give him up would then be reviling us for giving him up... Everyone is afraid of America and wants to please it. But Americans will not be able to prevent such acts like the one that has just occurred because America has taken Islam hostage. If you look at Islamic countries, the people are in despair. They are complaining that Islam is gone. But people remain firm in their Islamic beliefs. In their pain and frustration, some of them commit suicide acts. They feel they have nothing to lose.
VOA: What do you mean by saying America has taken the Islamic world hostage?
Omar: America controls the governments of the Islamic countries. The people ask to follow Islam, but the governments do not listen because they are in the grip of the United States. If someone follows the path of Islam, the government arrests him, tortures him or kills him. This is the doing of America. If it stops supporting those governments and lets the people deal with them, then such things won't happen. America has created the evil that is attacking it. The evil will not disappear even if I die and Osama dies and others die. The US should step back and review its policy. It should stop trying to impose its empire on the rest of the world, especially on Islamic countries.
VOA: So you won't give Osama bin Laden up?
Omar: No. We cannot do that. If we did, it means we are not Muslims... that Islam is finished. If we were afraid of attack, we could have surrendered him the last time we were threatened and attacked. So America can hit us again, and this time we don't even have a friend.
VOA: If you fight America with all your might - can the Taliban do that? Won't America beat you and won't your people suffer even more?
Omar: I'm very confident that it won't turn out this way. Please note this: there is nothing more we can do except depend on almighty God. If a person does, then he is assured that the Almighty will help him, have mercy on him and he will succeed.
[PR]
by iyasaca | 2015-08-10 17:19 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(0)

カブールにいってみた その6

f0008679_752358.jpg

<写真:カブールの夜明け>
「平和構築」という言葉は、流行り言葉のように飛び交っているが、統治能力を失った(失わせた)国家を外的な力によって再建するという作業そのものは別に新しいことではない。

ある国を攻め滅ぼした後に、自ら統治を敷くということは古くから行われてきたことである。戦勝者が自ら統治するという場合もあっただろうし、植民地(と一言で言っても多様な統治形式があったが)という形で支配を行う場合もあったであろう。江戸期の外様大名のように、軍門に降り、忠誠を誓った者に間接統治を許す場合もあるだろう。

植民地化し、被植民地の資源を搾取し、露骨に自国の利益を追求しても何も言われなかった古きよき時代が過ぎ、第一次世界大戦後の世界になると、委任統治という統治制度が発明された。国際連盟規約第22条を根拠とするこの制度は、国際連盟によって委任された国に、国際連盟理事会の監督下において一定の非独立地域の統治を許した。例えば、第一次大戦の敗戦国ドイツ帝国の植民地であったアフリカと太平洋の一部地域とオスマン帝国が支配していた中東地域にて委任統治が行われたが、実際には植民地統治とほとんど変わらなかった。

委任統治領は、原則的に国際連合下の信託統治領へと移行がなされたが、一部の地域は反発し、移行を拒否している。英国が受任国として委任統治していた旧オスマン・トルコ領パレスチナもその一つである。結局このケースは、ユダヤ人とアラブ人との間の調整に失敗し、双方から攻撃を受けるようになった英国がパレスチナ統治を断念し、委任統治の期限である1948年5月14日にイスラエルが建国を宣言、現在にまで続く紛争地となった。タイ南部であれ、インド北東部であれ、パレスチナであれ、アフガニスタンであれ、現在も打ち続く多くの紛争の地で英国は何らかの形で関わっていることを考えると、罪深い限りである。その後、信託統治領も次々と独立し、1994年10月1日に米国の信託統治下にあったパラオが独立したのを最後に、信託統治領は姿を消した。

第二次大戦後、代わって主流となったのが国連PKOという仕組みである。PKOは当初、停戦合意が成立した後に、紛争当事者の同意を得て、紛争が再発防止を目的に、停戦監視などを中立的な活動を中心に実施されてきた。しかしながら、その活動の範囲は徐々に広がっていき、停戦後の復興にかかわる武装解除の監視や選挙が公正に行われるかどうかの監視、難民帰還支援などの文民活動についてもあわせて実施されるようになった。

f0008679_6233753.jpg
<写真:地雷原。写真中央の緑色に黒の十字が入っている物体が対人地雷。ほかにもいくつか落ちているのが見える>
90年代に展開したカンボジアやモザンビークでのミッションに典型的なように、国連PKOの下で軍事部門のみならず、文民部門についても幅広く任務を遂行することになり、実質的に国家運営を暫定的に担うようになった。2000年8月に出された国連の報告書(通称ブラヒミ・レポート)では、拡大するミッションに対応するため

1)紛争予防
2)平和構築
3)PKOの原則と戦略
4)PKOの任務と安保理の関係
5)緊急展開と待機制度
6)情報収集・分析能力強化
7)後方支援拡充と本部による支援能力の強化

の7つの分野について勧告がなされた。

上に挙げたカンボジアやモザンビークのほかにも例えば、シエラレオネや東チモールなどでも国連が暫定統治を敷き、軍事、文民部門の一切の運営を行った。またイラクのように国連ではなく、占領軍がそのまま占領統治を行うケースもあるが、担う役割はそれほど変わらない。

平和構築のメニューは、停戦合意後、武装解除を行い、必要に応じて憲法を含む法制度、司法制度の確立を図り、新しい治安維持機構(軍、警察)を整備しつつ、選挙を行い、権限を現地に委譲するという一連のプロセスを辿る。国の文民的機能の運営権限の委譲を受けた後も治安維持機能だけは国際社会に頼るという場合もある。

このメニューを見れば明白であるように、ここで構築しようとしている平和の先に見据えている国家像は、中央集権型国家である。例えば、停戦合意後に行われる武装解除である。アフガニスタンにおける武装解除・動員解除は、軍閥(Paramilitary含む)が対象である。そして回収された武器は、アフガニスタンの新しい国軍の武器となるのである。

しかしアフガニスタンと呼ばれている物理的空間が、中央集権的な国家を経験した時期は極めて短い。そしてカブールで「新国軍」と称して武器を回収している輩も、一歩引いて見てみれば軍閥の一つに過ぎない。にもかかわらず、軍閥の一つだけを正統とみなし、武器を回収されている軍閥の支配地域にほとんど影響力を持たない「カブール閥」に暴力装置の独占を許すということが、アフガニスタン全土の治安を確保する上で最善の道であるかどうかは疑問が残る。

もちろんカンボジアのように民族の同一性が比較的高いとされている国家であれば、中央集権化を推し進めることは確かに有益であろう。しかし、多民族国家であるアフガニスタンでも同様に効果的であるかは再考の余地がある。結局人々は「中央集権国家」、「国民国家」、「民主主義」という理念を食べて生きていくわけではない。自分の子供が無事に学校から帰ってくるか、汗水たらして働いて得た収入が誰かに不当に奪い取られないか、つまり日々の安全、周りの環境が安寧であることが最も重要なのである。理念に溺れて、人々にとって最も重要なものがないがしろにされるようでは、理念そのものから疑ってみるのが正しい思考方法だろう。

これは思いつきに過ぎないのだが、日本は自らの歴史、経験の中から、平和構築、国づくりについて新しいパラダイムを提示することができるのではないかと思っている。日本は戦国時代から江戸期にかけて、分権的な統治スタイルを260年あまりも維持した歴史を持つ。しかも、それは戦乱にまみれていた日本という空間に長い平和をもたらした成功モデルである。この移行期の政治過程を平和構築という観点で分析をすることで、多民族国家の統治スタイルのひとつのモデルを引き出せるのではないかと考えている。もう一つの日本の財産は明治維新である。発展途上国としての日本の近代化の足跡も同様に研究に値する興味深いテーマである。すでに多くの先行研究はあるだろうが、日本の国際貢献という観点から新しいパラダイムを提示すると言う作業はいまだなされていないように思う。今後も折に触れて、このテーマは追っていこうと思う。

日本はアフガニスタンの治安部門改革にて、最も困難であるDDR(武装解除・動員解除・元兵士の社会再統合)を担当した。その成否は別にして、これは欧米が設計図を引いた平和構築のモデルの一端を担ったに過ぎず、そこに日本でなければ貢献できないというメッセージを強く感じることはできない。パラダイムを転換するような発想とそれを推進する政治力がなければ、国際社会の都合のいい金づるとして利用されるだけ利用され、そして捨てられるだろう。経済力の低下は必ずしも発言力の低下を意味しない。日本は経済力があるうちに、それ以外の方法で発言力が確保できるような知的な力を備えなければならない。そのようなことをカブールで感じた。
f0008679_2223537.jpg

<写真:雪のカブール空港:サヨナラ、カブール>

[PR]
by iyasaca | 2008-03-22 20:39 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(0)

カブールにいってみた その5

アヘンには各国政府の管理のもとでライセンス生産されている合法アヘンと闇世界に流れる非合法アヘンの2種類がある。合法アヘンとは、モルヒネなど医療用に用いられるアヘンで国際的枠組みのもとで生産管理がなされているが、この合法アヘンは世界的に不足しているとの話を聞いた。

もし事実であるとするならば、何とも皮肉な話である。麻薬撲滅というお題目のみで、現実的な代替策がない現状においては、思い切ってアフガニスタンのアヘン生産を合法化し、国際的管理体制の枠組みの下に置くことで、医療目的で有効活用した方がよいのではないかという考えも浮かんでくる。実際にアフガニスタンのアヘンを医療用アヘンとして合法化すべきだと訴えるNGOも存在するし、そのイニシアチブをEU議会が支持しているという動きもある。

アヘン生産と交易は国際麻薬統制委員会(International Narcotic Control Board, INCB)が厳しく管理している。1964年に発効した麻薬単一条約(Single Convention on Narcotic Drugs)によって、インド産の生アヘンのみが世界市場で合法的に取引されている。INCBは、毎年の生産量を1,200トン、国内消費用には130トン、輸出用として870トンまわすよう生産管理と使途を厳しく定めている。しかし、実際には生産量が1,000トンを越えることは滅多にない。

ここ数年の合法アヘンの生産量は以下の通りである。
1999年  971トン
2000年 1,302トン
2001年  726トン
2002年  820トン
(出所:Opium Trading in India 2003)

毎年1,200トン程度で世界中の医療用アヘンの需要が満たせると言うことであれば、例えば2002年の不足分は400トン程度である。同じ年のアフガニスタンのアヘン生産量は、3,400トンである。全てが非合法マーケットに流れているわけだが、これを合法に転換したとしても需要を大きく上回る供給量であるがゆえに、いずれにしても、麻薬生産者を減らすという現在と同じ努力が必要になってくる。


しかし一方で合法アヘンの需要予測を行っている国はほとんどないと言う。INCBの報告書によると59%の政府が過去5年間、需要予測を本格的に調査していないと回答している。にもかかわらず、72%が需要予測は実際のニーズに合致していると回答している。つまり、「詳しく調べてはいないが、別に不都合が生じているわけではないから、足りているのだろう」という程度なのである。さらに言えば、そのような認識に基づいて定めているINCBの年間生産量1、200トンに、それほどの根拠があるわけではないということになる。医療使用のためのアヘン合法化を訴えるNGOであるThe Senlis Councilの需要予測は年間1万トンとしている。年間1万トンともなれば、世界中で生産されている非合法アヘンを含めて考えても供給過多にあるわけではない。

f0008679_21144632.gif

<図(Figure)1,2ともに"Report of the Availability of Opiates for Medical Needs Special report", INCB 1996より>
世界209の国と地域を対象に行った調査によると、43%の国が医療用アヘンが不足したことがないと回答している。「ほとんど不足することはないが、ごくたまに不足することがある」と回答したのが26%、「ときどき不足する」が25%、「よく不足する」と回答したのが3%である。その理由としては、「輸入量が不十分」が29%、「配送遅れ、流通が滞るため」が23%、「高まる需要に追いついていない」が20%、「事務手続きの煩雑さ」が19%、「生産体制が不十分のため」6%となっている。また不足に陥った際にほとんどの国が迅速に入手できたとしている一方、34%が入手に手間取ったと回答している。先進国よりも発展途上国に不足を訴える国が多かった。


この調査結果を見る限り、医療用アヘンは先進国よりも発展途上国に行き渡っていないが、その不足の度合いはそれほど大きくなく、現在の生産量と生産体制を大幅に見直す必要性があるとは考えられない。

しかし中長期的に見ると医療アヘンを必要とする疾患を抱える患者は増加していく傾向にある。ある統計によると2015年までに1,500万人が新たにガン患者となる。そのうち600万人は発展途上国である。また増加を続けるAIDS患者にもがん患者同様ターミナルケアとして医療用アヘンの処方が必要となる。21世紀初頭の人類の2大疾病となるがんとAIDSはいずれも末期のPain Controlのため、医療用アヘンが必要なのである。

f0008679_20572864.gif
<図:塩野義製薬HP「がんの痛み治療に関する、わが国の現状」より>
また現状においても十分に需要が掘り起こされているのかどうかという点もある。厚生労働省が出した報道発表資料によると、人口当たりのモルヒネ製剤の使用量トップのオーストラリアは人口100万人当たり97.8Kg、2位はカナダで84.8Kg、続いてイギリス84.3Kg、アメリカ59.0Kg、フランス43.9Kg、ドイツ16.2Kgとなっている。日本は11.0kgでトップのオーストラリアの10分の1である。

また別の統計によると、日本の主要医療用麻薬消費量はアメリカの19分の1、オーストラリアの14分の1、イギリスの5分の1という水準にあるという。モルヒネは末期ガンのペインコントロール(疼痛治療)以外に使われることはないうえに、オーストラリアに比べて日本にがん患者が少ないというわけでもない。日本の場合、使われるべき患者にモルヒネが使われていないという状況にあるのは確かなようである。中毒になる、死期を早めるなどの誤解も根強いようで、医者が処方をためらうケースも多いのかもしれない。しかしモルヒネの使用は、すでに90%以上の患者に有効性が証明され、WHOでも推薦されているがん疼痛治療法であることを考えると、この消費量の低さには他の理由があるのかもしれない。

中長期的に見ての需要の増大、潜在的需要の掘り起こしなどで仮に現在の数倍の規模でアヘンを生産する必要性があったとしても、取り組まなければならない課題はさらに多い。

先ほどのINCBの調査報告書によると、医療用アヘン使用が進まないのはなぜだと思うか(複数回答)という問いに対し、
72% アヘン中毒になることへの懸念
59% 医療関係者が十分な訓練を受けていない
47% 法的制約が気になる
38% 盗まれたりすること、管理責任が発生することへの懸念
38% 管理に伴う事務手続きの増加
34% 合法アヘンの不足
34% アヘン流出、転用の危険
31% コスト
22% 医療関係者の不足、施設の不足
19% 輸出入にかかわる事務手続きの発生
16% 流通経路の問題点
13% 国家の政策の不在

などが挙げられている。仮にアフガニスタンのアヘン生産を合法化するとしてもそれが非合法の闇市場に流れないように管理するのは政府の役割となる。現在のアフガニスタン政府にはそのような権力はない。各地に跋扈する軍閥と交渉するのが最も現実的なのだろうが、中央集権型の国づくりを行っている現状においては、政治的にそのようなオプションは存在しない。

しかし現状を見ると中長期的に見込まれる需要の拡大や日本のような国において潜在的需要を掘り起こすということ考慮に入れたとしても、アフガニスタンを合法アヘン管理の枠組みに入れる必要性がそこまであるわけではない。 上に触れた研究とデータによれば、日本におけるモルヒネ、フェンニタル、オキシコドンの年間消費量が3,151キロ(モルヒネ換算)。これを日本の19.1倍というアメリカの水準にまで引き上げるとすると、年間必要になるのは、60.1トンである。つまり57トンほど輸入を増やせば、1年間まかなえる計算になる。また世界に目を広げてみても、1,500万人の新たなガン患者すべてに世界トップレベルの処方(人口100万人1日あたり700.5グラム)を行ったとしても3.83トンが追加で必要なだけである。この程度であれば、仮に増産が必要になったときには、例えばインドなど既存の合法アヘン生産国で対応可能であり、既存の枠組みの中で生産調整を図るほうが、山ほど不確定要素を抱えるアフガニスタンに頼るよりも、はるかに低コストでニーズにこたえることができるわけである。

費用対効果で考えれば、以上のような結論になろうが、平和の構築のためという別の目的で正当化できるのであれば、可能性がないわけではない。EU議会のアフガニスタンのアヘンを医療用アヘンとして合法化するイニシアチブを支持しているのも、アフガニスタンの平和構築のためには他に有効な手段がないという状況を理解してのことであろう。
[PR]
by iyasaca | 2008-02-09 09:06 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(0)

カブールにいってみた その4

タリバンは、内政面においては、アフガニスタンにおける過去の為政者が成しえなかった治安の回復を成し遂げた。いまだに根強いタリバンに対する支持は、この点によるものが大きいだろう。しかし、タリバン政権の崩壊とともにアフガニスタンは再び無法地帯に逆戻りし、治安状態は大幅に悪化した。治安悪化だけでない。タリバン政権崩壊によってアヘン生産が野放しになったのである。

タリバン政権下では3,000トン前後で推移してきたアヘン生産量が、政権が崩壊した2002年以降急激に生産を増やしている。ケシの栽培地は2005年から2006年にかけて59%増加し、世界シェアは65%から82%に上昇した。2007年の生産量は推定8,200トン、世界シェアは何と93%、タリバン政権崩壊直前の2000年の生産量の2.5倍である。

f0008679_1421427.gif
<Afghanistan Opium Survey 2007, United Nations Office on Drugs and Crime, p15>
アフガニスタンでは人口10%に相当する35万世帯がケシの生産で生計を立てているといわれている。ケシ畑は19万3,000ヘクタール(47万エーカー、2007年時点)に及ぶ。アフガニスタンのケシ畑は1ヘクタール当たり約40キロの収量がある。乾燥アヘンの農家直売価格は、一時期は200ドルを越えていた時期もあったが、一貫して下落傾向にあり、現在は1キロ当たり105ドルである。(2007年7月現在)である(生アヘンは2007年現在1キロ当たり86ドル)。

(データはいずれも国連薬物犯罪事務所(United Nations Office on Drugs and Crime, UNODC)アフガニスタン・アヘン調査2007(PDFです)より)

f0008679_142234.gif
<Afghanistan Opium Survey 2007, UNODC, p16>
最も生産量が多いのは、アフガニスタンの中でも最も肥沃で裕福な州の一つであるヒルマンド州である。州人口は250万人ながらアフガニスタンが生産するアヘンの7割がこの小さな州で生産されている。5,000トンを超えるヒルマンド州の生産量はコロンビア、モロッコ、ミャンマーという3つの麻薬生産地の総生産量を凌駕する。一方で貧しいアフガニスタンの中・北部の州ではアヘン生産量は減少している。これだけ見るとアヘン生産と貧困とは、直接関係がないようにも見えるが、アヘン生産を行っている農家に対する聞き取り調査によるとケシ栽培を続ける理由として、28.7%が貧困緩和、24.9%がアヘンの値段が高いためなど経済的理由が上位を占めている(複数回答)。実際に農家の平均収入を見てみるとアヘン生産農家が2,747ドルであるのに対しアヘン以外で生計を立てている農家の年間収入は1,754ドルと1,000ドルも低い。にもかかわらず、アヘン生産をあきらめる農家が存在するのは「イスラムの教えに背くから」との回答が圧倒的に多い。しかし、中・北部のアフガン人だけが信心深く、南部が不信心であるとは到底思えない。もっと複雑な背景があるのであろう。
f0008679_7525633.jpg
<写真:雪のカブール>
世界のアヘン生産の93%を占めるに至ったという絶望的な状況を見るに、ケシ栽培を止めさせるために、信仰心だけでなく、経済的なインセンティブを与えることしか方策がないわけだが、世界のどこでも麻薬撲滅を目的とした代替作物の導入には成功していない。ミャンマーでは麻薬撲滅を目的に蕎麦を代替作物として栽培させたが、元々ミャンマー人に蕎麦を食べる習慣がないこと、輸出できるほどのクオリティが確保できないこと、輸送コストが高いことなどを理由に成功していない。

いずれにしても、上のグラフを見るとタリバンが政権の座についた1996年から最初の4年は、アフガニスタンのアヘン生産量は増加し続けている。その生産量は1996年に2,248トンであったが、1999年には4,565トンにまで増加した。しかし2000年にタリバンはアフガニスタンの歴史上初めてケシ栽培を全面的に禁止し、生産量は3,276トンに減少する。さらにタリバンは2001年2月ケシ栽培禁止のお触れを出す。その結果2001年には、ケシ畑の面積が12,600エーカーから17エーカーにまで縮小し、生産量も185tにまで減少している。

2001年はタリバンが米国の攻撃を受けて、崩壊した年でもある。政権崩壊後、再び無政府状態になった地で取られた数字がどの程度信頼できるかは分からない。数字が取れなかったのか、タリバンの麻薬撲滅作戦が驚くほど効果的だったのか分からないが、事実としてはタリバンが崩壊した翌2002年にはアヘン生産量は2000年の水準にほぼ等しい3,400トンにまで回復し、その後増加の一途を辿っているということである。2,000-4,500トンの範囲で推移していたタリバン時代に比べると現在の生産量は当時の2-4倍の水準にあり、対策も進んでいないというのが現状である。

イラクの例を見ると分かりやすいが、人は功罪の罪の面に強く引きずられる傾向がある。功の側面は多くの場合「うまくいっている=何も起きない」ため、気づきにくいのである。例えば、フセイン元大統領は北部のクルドや南部のシーア派をときに非人道的とも言われる方法を用いて暴力的に抑え込んできた。フセインによる統治は、その部分だけ見れば、秘密警察による監視、化学兵器使用による住民虐殺など到底正当化できるものではない。しかし、そのおかげでイラク全土に治安が保たれ、宗派、民族の対立は顕在化しなかったのである。

f0008679_7531097.jpg
<写真:カブール雪景色>
しかし「顕在化しなかった=何も起きなかった」ため、国際社会はその功の部分に気づかず、目に見える暴力的治世にのみ目を奪われ、結局は存在しなかった大量破壊兵器の開発計画があることを理由に政権を転覆させてしまった。米国はナイーブにも諸悪の根源たるフセインを排除すれば、バラ色の将来が待っていると意気揚々と占領統治に入ったが、罪と共に功まで排除してしまったことに最後まで気づかなかった。政権崩壊後、イラクの平穏な日常はあっという間に宗派と民族の対立によって失われ、さらにイスラム過激派に活動の場まで与えてしまったことで、イラク国民は買い物や学校に行くのにすら命を賭けなければならなくなってしまった。

身近なことを例に引いても同じことが言えるのではないか。例えば自分の職場で、とんでもない上司がいたとする。その上司がようやく異動となり、新しい上司がやってくる。職場環境が良くなると思いきや、新しい上司の下では、前の上司がいたときには問題とならなかったことが次々と発生する。前の上司がいかに多くのトラブルを未然に防いでくれていたか、いなくなって初めて気づく、ということを経験したことはないだろうか。

タリバンももちろん完璧な統治者ではなかった。とりわけ女性に対する抑圧などは現代社会において、受け入れられるものではないということは百も承知である。しかしそれでも過去にアフガニスタンの統治を志した多くの為政者が成しえなかったことを実現してきた政権でもあった。果たして、米国はタリバン放逐にあたって、一つの統治機構を排除するということは罪だけでなく功の部分も同時に排除してしまうということをどこまで理解していたのであろうか。Lesser Evil(より小さな悪)のため、「清濁併せ呑む」という覚悟がなければ、世界を動かす政治家にはなれないのだろう。
[PR]
by iyasaca | 2008-01-19 11:06 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(0)

カブールにいってみた その3

f0008679_7503157.jpg
オマル師とタリバンについてもう少し続ける。

土地を持たない貧しい農家に生まれたオマル師は、幼い頃(1965年)に父を亡くし、叔父のマドラサで学びつつ、家族を支えてきたとされている。長ずるとネク・モハメッド率いるムジャヒディーンの一派(Harakat-i Inqilab-i Islami派)に参加し、ソ連軍と戦った。1989年のジャララバードの戦いでは額と顎など4度も重傷を負い、右目を失った。負傷したオマル師はパキスタン国境近くの赤十字の施設で目の手術を行ったとの話もある。

その後オマル師の足取りは確かではないが、パキスタン・クエッタの宗教学校で教鞭をとりつつ、イスラム教の研究を行ったとされている。その後故郷のカンダハール近くの小さな宗教学校でイスラム宗教指導者となったとされている。多くのムジャヒディーンと異なり、オマル師はそこそこのアラビア語を話す。彼の経歴を考えると、アラビア語を学んだのはこの空白の時期のことなのだろう。


f0008679_7543379.jpg
タリバンとしての最初の活動は1994年7月と言われている。約30名のタリバン兵が16丁のライフル銃を手に地元を牛耳る軍閥の基地を襲撃し二人の少女を救出する。見返りを求めない姿勢が住民の共感を呼び、次第に支持を広げていく。その後タリバンの思想と行動に賛同したパキスタンの宗教学校の生徒、元ムジャヒディン、アラブ・イスラム諸国からの義勇兵などが加わり、1994年11月にはカンダハール、1995年9月にはヘラート、1996年9月26日にカブールを、そして1998年にはアフガニスタンの国土の9割を勢力下に置くほどにまでなった。この全土掌握作戦に対し、タリバンは、パキスタン情報機関やオサマ・ビン・ラディンの支援を受けていたとも言われている。またタリバンは否定しているが、ビン・ラディンの長女をオマル師が妻として迎え、またオマル師の娘の一人がビンラディンの4人目の妻となっているとも言われている。

政権を取ってからもオマル師は、カンダハールの邸宅を離れることはなく、外国人と会うことはほとんどなかった。非イスラム教徒と会ったのは、1998年8月のケニヤとタンザニアの米国大使館爆破事件の首謀者とされたビンラディン引渡しのために交渉に訪れた国連のアフガニスタン担当特別代表(1998年10月)と国連による制裁回避を工作するため2000年12月12日にLu Shulin駐パキスタン中国大使と会っただけである。

タリバン政権が次々と打ち出したコーランの教えに忠実な政策は、少なくとも国際社会には受け入れられなかった。そのことは5年間も政権の座にあったにもかかわらず、国交を樹立できたのはパキスタン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の3カ国だけであったという点に象徴的であろう。

・女性は、教育の機会が制限され、大多数の女性は初等教育を受けることすら困難となった
・女性は就労が禁止された。政府のポストで唯一女性が就くことができたのは医療・薬学関係のみ。女性の医師は、他の女性を診ることが許されなかった
・外出の際にはブルカの着用が義務付けられた
・男性は髭を生やすことが義務付けられ、イスラム教徒らしからぬ髪型や服装は禁止
・映画館は閉鎖され、音楽、ダンス、写真撮影、テレビ、ラジオ、スポーツ、凧揚げも禁止
・窃盗・強盗を行った者は手を切り落とされる
・同性愛者はレンガの下敷きの刑
・不倫は石で撲殺
・改宗者は死刑
・強姦・殺人は被害者家族によって、毎週金曜日に行われていた公開処刑に処された

さらに、多神教的とみなされる文化遺産は破壊された。
f0008679_11115828.jpgf0008679_11121213.jpg
f0008679_11122668.jpg
<上左:UNICEF, Public Domain, 1963年、上右:CNN, 2001/3/21,大仏爆発の瞬間、下:Wikipedia, 2005年現在の姿>

このバーミヤンの仏教遺跡の破壊は有名である。

タリバンは、治世中サウジアラビアを追放されたオサマ・ビン・ラディンを受け入れ、9・11後の米国による身柄引き渡しの要求を拒否したことで、政権の座から追われることになった。現在所在不明の最高指導者オマル師拘束につながる情報提供者には、米国政府によって1,000万ドル(約11億円)の報奨金が用意されている。
[PR]
by iyasaca | 2008-01-12 07:53 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(2)

カブールにいってみた その2

f0008679_7492379.jpg
<写真:カブール市内の様子>

現在アフガニスタンと呼ばれるこの地域は、歴史的にイラン、インド、中央アジアなど周辺で勃興した王朝によって、一部が、ときには全土がその版図に加えられたり、失ったりする場所であった。王朝の支配が及ばない時代には、地方の有力者が部族をまとめ上げ、共同体を維持してきた。おそらくは王朝の支配が及んでいた時代でも、地方の有力者には相当の自治が認められていたのではないだろうか。

中央集権国家建設の試みは何度も行われているが、ベースが部族社会であるということはアフガニスタンの歴史を見ていくと分かるような気がする。現在行われている国づくりは国際社会による中央集権国家建設の試みの一つであるが、これは9・11を受けての米国によるタリバン政権放逐の延長線上にある政治プロセスである。
f0008679_754993.jpg
<写真:カブール市内の様子>

2001年12月に米国によって追放されたタリバンは、1979年ソ連のアフガン侵攻が契機となって結成された宗教集団である。もともとは、ソビエトの侵攻によって住む場所を追われた多くのアフガン人が居住していた避難民用のキャンプに併設されたモスクと宗教学校出身の神学校生が中心であった。ちなみジャマアティ・ウレマ・イスラーム(Jamiat Ulema-e-Islam,JUI)にサウジアラビアの支援で建設された避難民キャンプのモスクと宗教学校ではの宗教聖職者が教鞭をとっていた。JUIは、シーア派の異端視、一切の偶像崇拝の禁止、女性の社会的役割の極度の限定などコーランを厳格に解釈するデオバンディ学派(スンニ派ハナフィ学派系)に属する。この思想が後にタリバンが政権を奪取したときの政策の基本となる。

f0008679_11274143.jpgf0008679_11275666.jpg
タリバンは1994年、後のタリバン最高指導者ムハンマド・オマル(Mullah Mohammed Omar)がこのJUI出身の神学生を集め、「祖国アフガニスタンの乱れを正すイスラム戦士の集団」として結成した。指導者のオマル師については、ほとんどよく分かっていないが、カンダハール近郊のカクレズ(Khakrez)地区にて貧しい土地を持たない農民で村々を回る巡回布教師でもあったムラビ・グラム・ナビ(Moulavi Ghulam Nabi Akhund)の長男として生まれたと言われている。また出身部族はホタク(Hotak Tribe)のトムツイ派(Tomzi Clan)である(タリバン公式サイトより)
f0008679_1129174.jpg
f0008679_11291255.jpg
<いずれもオマル師と言われている写真> 
タリバン公式サイトShahamatに2015年4月に掲載されたオマル師の略歴によると生年は1960年。偶像崇拝を禁じていたためか、公式にオマル師とされている写真は一枚もない。写真がないのはパキスタンの情報機関ISIが神秘性を演出するため、情報統制をかけたからとも言われている。



[PR]
by iyasaca | 2008-01-05 13:49 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(0)

アフガニスタン・カブールにいってみた その1

f0008679_851914.jpg
パキスタンの首都イスラマバード経由でカブールに向かう。
イスラマバード空港は、セキュリティが厳しく、全ての搭乗客の荷物は係官によって開けられ、危険物がないかどうかチェックされる。チェックにあたる係官もそれほどの数がいないのにかかわらず、突然休憩に入ったのか、いなくなったりする。しかし係官のいなくなった列に並ぶ搭乗客は別に怒りの声を上げるわけでもなく、係官のいる横の列に当たり前のように割り込んでいく。私の並んでいた列も突然乱れ始めたが、日本的ルールに従っていては到底搭乗時間に間に合わないので、郷に入れば郷に従えとばかりに隣の列に自分の場所を確保した。それでもセキュリティを抜けて、搭乗手続、出国手続まで終えるのに2時間以上かかり、すでに搭乗予定便は最終案内をしていた。
f0008679_851562.jpg
アフガニスタンは約65万平方メートルの国土の3分の2が標高1,500メートル以上であり、また国土の9割が山岳・高原地帯の内陸国家である。日本の1.7倍の国土にパシュトゥーン人(38%)、タジク人(25%)、ハザラ人(19%)、ウズベク人(6%)ら多くの民族が生活を営んでいる。起伏に富む高原地帯ゆえに、農耕には不適の土地柄であるなか、多くのアフガン人が農業で生計を立てている。

ちなみに多数派を占めるイラン系遊牧民族であるパシュトゥーン(Pashtūn)は、パフトゥーン(Pakhtun)、パターン(Pathan)、アフガン(Afghān)とも呼ばれる。つまり、アフガニスタンはパシュトゥーン人の国という意味なのである。パシュトゥーン人には、カンダハール、ヘラート、ファラー州に居住するドゥラニ部族連合とガズニー州等に居住するギルザイ部族連合という二つの有力部族がある。2004年10月9日アフガニスタン初代大統領に当選したカルザイ大統領は18世紀以降5人もの国王を輩出したドゥラニ部族系のポパルザイ部族出身である。

現在アフガニスタンと呼ばれる地域に最初に国家らしきものが成立したのは、18世紀のことである。1747年パシュトゥーン系のアハマッド・カーン・サドザイが部族会議にて王に選出され、アフマッド・シャー・ドゥラニとして初代王に即位し、サドザイ朝(ドゥラニ朝とも言う)が成立する。

19世紀に入ると英国が数度にわたって、英領インドの権益確保とロシアの南進を食い止めるためにアフガニスタンに進出する。この英国とロシアの勢力争いはグレート・ゲームと呼ばれるが、この土地に進軍した軍隊は厳しい気候条件と飢え、そして神出鬼没の現地の武装勢力による攻撃に撤退を余儀なくされるということを繰り返すことになる。

このアフガニスタンの性質を決定付ける基礎要因は現在まで変わっていない。グレート・ゲームが終焉した後も、アフガニスタン社会を近代化しようとした歴代の国王、冷戦後期におけるソ連、9・11後にタリバンを放逐したアメリカなどは軒並み、アフガニスタンに根ざす強い保守性に拒否され続けている。
<写真:アフガン・パキスタン国境あたり(多分)>
f0008679_8522288.jpg
このアフガニスタン社会の特質について、ある歴史家はこう書き残している。

「アフガン人の最も顕著な特徴の一つは、独立への強い愛情である。アフガン人は、忍耐強く、不幸や貧困を甘受するが、外国統治に屈することだけはできない。・・・アフガニスタンを大規模な軍隊で侵略する者は、飢餓によって破壊される。アフガニスタンを小規模な軍隊で侵略する者は、敵対する人々によって圧倒されるだろう。」

現在進行形の無謀とも言えるアフガニスタンの国づくりと日本の役割について、今後何回かに分けて考えてみようと思う。

<写真:カブール空港>
[PR]
by iyasaca | 2007-11-24 08:51 | アフガニスタン・イスラム共和国 | Comments(5)


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル