勝手に僻地散歩



石舞台古墳にいってみた その2

f0008679_23235647.jpg
<写真:石舞台古墳遠景>
前回のエントリーでは、石舞台古墳の被葬者を探るべく、古文献を見てきたが、有力な情報はほとんど得られなかったというのが結論であった。文献による示唆が得られないゆえ、考古学調査からの知見に頼るほかない。古墳の形状、副葬品、築造時期・場所などから得られている研究成果を整理してみることとしたい。

石舞台古墳は20世紀に入ってから、本格的な調査が数回行われている。その先鞭をつけたのは、1933年(昭和8)1月と1935年(昭和10)4月に、奈良県史蹟調査会と京都帝国大学考古学研究室による合同調査である。この調査の時の様子は、デジタル化され、だれでも閲覧することができる(リンクはここ)。その後も奈良県橿原考古学研究所などが発掘調査を行っている。これらの数次の調査から、何がどこまで分かっているのであろうか。

古墳築造の時期
古墳外堤の北西部より、石舞台古墳より古い時代の小規模古墳7基(一辺8メートルから18メートル)が発見されている。いずれも円形、方形古墳で横穴式石室である。須恵器、耳鐶(じかん)、釘などの出土遺物や横穴式石室の形態からこれら小規模古墳の築造時期は、6世紀後半から7世紀初めと推定できる。石舞台古墳はこれらの古墳の一部を削って、その上に築造されている。このことから、石舞台古墳は7世紀中頃の築造と推定される。
f0008679_22365338.jpg
<写真:築造時の石舞台古墳想像図、関西大学文学部考古学研究室、奈良県明日香村、石舞台古墳-巨大古墳築造の謎-解説書より>
築造時の古墳の形状
墳丘の下の段は方形を呈している。上段は失われているので不明だが、円形か方形の2つの可能性がある(上の絵図では上段も方形になっている)。より時代が下ると古墳は3段、4段、5段築成と発展していくが、築造の時期や古墳の規模から石舞台古墳は2段築成であったとする説が有力である。一段目と二段目の平坦な部分には通常埴輪などが並べられるが、墳丘が全て削られた石舞台古墳ではそれらの遺物は残っていない。

濠の斜面には30-80センチほどの花崗岩が平らな面を表面に揃えて敷き詰められていた。この貼石は築造当時、墳丘の全面に敷き詰められていたものと推定される。同じ時代に築造されたと推定される梅山古墳(欽明天皇陵と推定。発掘作業未実施のため、正確な築造時期は不明)、西宮古墳にも花崗岩の貼石が墳丘に施されている。
[PR]
by iyasaca | 2015-04-18 00:00 | 奈良 | Comments(0)
<< 石舞台古墳にいってみた その3 石舞台古墳にいってみた その1 >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル