勝手に僻地散歩



ナン・マトールにいってみた その1

f0008679_17113082.jpg
<写真:Tenwenの艀から遺跡に向かう>
テンウェン(Tenwen)というポンペイ島南東部にある半島南部の沿岸一帯に巨石構造物群がある。ナン・マトール(Nan Madol、ナンマドール)である。

ナン・マトールは、巨大な黒褐色玄武岩を環礁の上に積み上げ形成された95の人工島が水路によって結ばれた古代都市である。正確な建造時期は不明だが、紀元500年頃から1,000年近くかけ、16世紀頃までに現在の姿になったというのが有力な学説である。その範囲は幅1.5キロ、奥行き0.7キロ、北東部と南西部の間に広めの水路があり、前者が司祭の居住区画や墓所であるMadol Powe、後者が礼拝所や王の住処、行政の区画であるMadol Pahに分かれており、それぞれの島に儀礼、埋葬、行政、食物倉庫など別々の機能と役割があった。湧水もなく、食糧も全て持ち込まなければならなかった。

f0008679_17165086.jpg
<写真:崩落した石材が無造作に並ぶ>
構造と大きさは島によって異なるが、多くは五角形、六角形に自然形成された柱状の石を、環礁の浅瀬の上に高さ1,2メートルほど積み上げ、低層の壁を形成し、その内部の空間には砕いたサンゴを敷き詰めている。この基礎の上に木造の構造物が建てられていたと推測されている。儀礼や墓地など格式の高い島の場合は、低層の外壁の内側にさらに壁が設けられた。壁は高いもので8メートルにも達する。使われた石材の重さは平均で5トン、最も大きなものでは25トンにも及ぶ。

f0008679_1717029.jpg

ナン・マトールには75万トンの石材が使われているが、採石場は近傍に存在しない。採石されたと思われる場所は、島の北部、西部などいくつか確認できるが、どこから採石されたものなのかは不明である。それだけでなく実際にこれだけの大きさの石材をどのように運搬したのかも分かっていない。というのも文字による記録が残されておらず、19世紀初頭に出没した西洋人が発見、調査を始めた時にはすでにナン・マトールは長く打ち捨てられた後だった。
f0008679_13515981.jpg
<写真:石材はかなり大きい。これはまだ小さい方>
1995年にはディスカバリーチャンネルが石材輸送の再現映像を撮ろうと、竹製の筏で運ばれたと仮説をたて、色々と試みたが結局どの方法も成功しなかった。当時の様子を知る術、手がかりはほとんどなく、頼るは考古学的手法を用いた知見と口伝された村人の記憶だけなのである。
[PR]
by iyasaca | 2014-12-29 12:35 | ミクロネシア連邦 | Comments(1)
Commented by iyasaca at 2016-12-18 19:45
ナン・マトール。何と知らないうちに世界文化遺産に登録されていた。というわけでタグを変更。
<< 乙未 ミクロネシア連邦ポンペイ州にい... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル