勝手に僻地散歩



ミクロネシア連邦 ポンペイ州にいってみた その8 ポナペ国民学校横の奉安殿

f0008679_14041287.jpg
ポンペイ市内に奉安殿が残っているとの話を聞いて、案内してもらった。民家の敷地の奥手にあり、通りからはもちろん見えない。

f0008679_147556.jpg
住人に許可をもらい敷地に入るも、植物に覆われていて、目の前まで案内してもらわないと見つけることができない。

f0008679_148033.jpg
奉安殿は、御真影(天皇・皇后両陛下の写真)と教育勅語が納める建物のことである。戦前、戦中に皇民教育の一環として設置が始まったもので、当初は校舎内、後に独立した建物が作られるようになった。この奉安殿は明らかに独立型である。

高温多雨の気候に対応するためか、高床式になっている。扉は下部が腐食しているが、きれいに朱色に塗られている。おそらく塗り直されたのだろう。壁面にも一部に同じ色調の朱色が残っている。屋根には草木が伝い、ぱっと見ると茅葺の屋根のようにも見える。

f0008679_148733.jpg
観音開きの朱色の扉を開けてくれた。中にはもちろん御真影も教育勅語もなく、ガランとしていた。倉庫のように使われていなかったことに少しホッとした。

かつては、前を通る際に教職員ともども、最敬礼が求められたという奉安殿。日本国内に建てられたものでさえGHQの神道指令に基づき多くが撤去され、ほとんど残っていない。にもかかわらず、この南洋の地に未だにひっそりと残っているとは。
[PR]
by iyasaca | 2014-05-31 00:00 | ミクロネシア連邦 | Comments(0)
<< ミクロネシア連邦ポンペイ州にい... ミクロネシア連邦ポンペイ州にい... >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル