勝手に僻地散歩



パラオにいってみた その2 南洋庁パラオ支庁庁舎と南洋神社

パラオは南洋群島の中でも日本に地理的に近かったこともあって、日本の影響が最も色濃く残っている。1995年のパラオ共和国の独立式典の際にパラオ国歌に続いて君が代が流れたことは日本ではあまり知られていない。

日本とパラオが交差した最初記録は江戸時代にまで遡る。1821年、岩手県宮古市を出港した神社丸の船員12名が漂流、うち10名が上陸し、パラオに4年間滞在した後にマニラ経由で帰国している。帰国したときには8名になっていた。

ドイツに代わって日本が支配を始めるのは1914年のことである。軍政を経て、民政移管を果たした際に、コロールに南洋庁を置いている。南洋庁は大変な資金を投入し、コロール島を中心に、パラオのインフラを整えていった。

f0008679_116388.jpg
f0008679_1174540.jpg
<写真上:南洋庁パラオ支庁庁舎、写真下:現在の姿、今はパラオ最高裁判所>

日本が短い統治期間中に整備したインフラは、敗戦後米国によって、徹底的に破壊されてしまった。「日本色を完全に払拭する」ため、商店は取り壊され、畑は掘り起こされ、道路までもブルドーザーで掘り返されてしまったという。例えば、かつてコロール島の中心部は、東西に複数の道路が走っていたが、現在綺麗に舗装されているのは、幹線道路一本だけで、あとの道路は舗装こそされているが、がたがたである。

さて今回の目的地は南洋神社である。コロール島の東にあるアルミズという高台に南洋神社跡が残っているのである。1938年頃の建築と言われている南洋庁パラオ支庁庁舎周辺に広がるコロールの中心街を抜けて、東へ約15分。そこから幹線道路をはずれて、南に入り、舗装の質がぐんと低下した道をしばらく走ると旧参道入口に到達する。右側に石灯籠が見える。

f0008679_9473776.jpg
<写真:南洋神社の参道入口>
f0008679_950053.jpg
<写真:南洋神社本殿へ続く参道>

f0008679_10131796.jpg
天照大神をご神体とする官幣大社、南洋神社は1940年に創建された。1945年5月17日の米軍の空襲により本殿は大破するが、すぐに日本軍が修復した。1945年9月11日、コロールの社殿が奉焼され、11月17日日本政府が南洋神社廃止を決定、1946年1月5日仮本殿で昇神の儀、仮本殿の奉焼を行い、ご神体は船で東京の宮内省に運ばれ1月19日御奉遷の手続きが行われた。9万6,248坪といわれる広大な境内は私有地となり、住宅が建てられた。
f0008679_10275164.jpg
1997年に住吉会系日本青年社の幹部が組織した清流社によって再建がなされ、また「日本—パラオ心を結ぶ会」によって石碑も設置された。
f0008679_10443412.jpg
f0008679_10425648.jpg
<写真:かつての南洋神社の様子>
さて南洋神社は日本とパラオの祖先神と大東亜戦争の戦死者が合祀されている官幣大社であった。近代社格制度は少し複雑であるが、簡単に説明を試みる。まず神社は、大きく官社と諸社の二つに分けられ、さらに「神宮」がこれらの神社の上に位置づけられている。神宮とは要するに、伊勢神宮を構成する16の神社のことである。

官社(官国幣社)はさらに官幣社と国幣社に分かれており、それぞれに大・中・小の格が定められている。格の順序としては、官幣大社>国幣大社>官幣中社>国幣中社>官幣小社(別格官幣社)>国幣小社となっている。別格官幣社は、国体に特に貢献をした人物を祀る神社を指す。

諸社は府県社・郷社・村社・無格社に分類されている。社格の順序としては、府社=県社=藩社>郷社>村社>無格社となっている。

社格の違いは延喜式に定められたものに倣っている。例祭などの際に、神に捧げる布帛、衣服、武具、神酒など供え物の出し手も社格によって異なる。官幣大社は、宮内省(皇室)から、国幣大社は国庫から、府県社は府県から奉幣を受け、郷社は府県または市から奉幣を受けた。

f0008679_115419.jpg
<写真:南洋神社のみこし行列>
幣帛(へいはく)とは、神道の祭祀の際に神に捧げる供え物のことで、上にも触れたとおり、布帛、衣服、武具、神酒を指す。神饌(しんせん)は含まない。神饌とは、米、塩、水、野菜、鯛、鰹節(干鰹)、海藻、果物、清酒など、食べ物の供え物のことである。ちなみに、天皇陛下の命により幣帛を奉献することを奉幣(ほうべい、ほうへい)と言う。

官幣大社である南洋神社は、いわば神社の中では最高の社格であったのである。
[PR]
by iyasaca | 2009-07-11 00:18 | パラオ共和国 | Comments(0)
<< パラオにいってみた その3 ア... パラオにいってみた その1 >>


知ることで景色が変わる。誰にも頼まれてないですが、あちこちにいってきます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル